Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

元“野獣”松本薫さん、金メダル後も現役続けたのは「子どもができたから」 頂点極めてよぎった「引退後」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
withnews

元柔道家の松本薫さん(32)は、「天才ではなかった」からこそ、どうやったら勝てるかを常に考えてきました。24歳で出場したロンドン五輪では、柔道女子57キロ級で金メダル獲得。結婚を経て考えたのは「子どもができたら柔道を続けよう、子どもができなかったら柔道をやめよう」。選手時代は「スランプがなかった」というほど、自分の課題を把握していた松本さん。選手引退後も、自分らしい働き方を見出した松本さんに、女性アスリートのキャリアの築き方を聞きました。(ライター・小野ヒデコ) 【画像】元“野獣”松本薫さんから届いた直筆メッセージ アイスクリーム屋になって見せた笑顔

相手の力を80%に引きずりおろす

<自分の凡人さに気付いた10代後半。プライドや美学は関係なく「勝ち」にこだわった> 私は5人兄弟の4番目なのですが、柔道を始めたきっかけは1番上の兄が柔道を習い始めたことでした。親が「(長兄は)優しすぎるから」という理由で道場に通わせたのを皮切りに、上から順に兄姉弟と続きました。 全国大会で実績を残す強い道場で、練習や作法が厳しく、正直私は通いたくなかったんです。でも当時6歳だった私は、母の「お菓子あげるから、やってみん?」という言葉に乗せられてしまい(笑)。それから柔道漬けの日々が始まりました。 自分の凡人さに気づいたのは、10代後半です。柔道にはジュニアとシニアという階級があるのですが、当時は20歳までにシニア昇格できないと、日本代表などの強化選手に選ばれないことになっていました。 どうやったら勝てるか。私が試合で100%力を出しても、相手も100%の力を出してきたら勝てない。それだったら、「相手の力を80%に引きずりおろそう」と思うに至りました。 どうのようにして、相手の力を下げるか。鍵となるのは「試合前」でした。対戦相手のアップ姿を見て、もし調子が良さそうだったら、わざと相手の視界に入り、目を合わせ、ガンを飛ばすような目つきで相手のことを見据えます。そうすると、相手は私のことを意識するようになり、力が入ります。 一方、対戦相手が力んでいると感じたら、視界に入った後、今度は薄ら笑いを浮かべた表情で相手と目を合わせます。そうすると、相手は私のことを不気味に感じる。そうして相手のコンディションを乱すことで、自分の方が有利な立場を築くようにしていました。 経験上、私のような手段をとる選手はいませんでしたね。この戦法を「せこい」と思う人もいたかもしれませんが、私は勝ちたかった。相手や周りにどう思われようが、結果を残して勝つことを優先順位のトップに置きました。 畳の上だけが戦いだとは思っていませんでしたし、プライドや美学はどうでもよかった。そうやって勝ちにこだわって戦う姿勢が、「野獣」というあだ名へとつながったのかもしれません。

【関連記事】