Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

薬丸裕英、過激コメントで芸能界“ネオ”ご意見番か「何様?」発言だけじゃない

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊女性PRIME

「まず何様? って思いますね、この方」  タレントの薬丸裕英(54)が矛先を向けたのは麻生太郎財務相だ。 【秘蔵写真】本木雅弘・薬丸博英・布川敏和のシブガキ隊、懐かしショット 「何様?」発言が飛び出したのは8月27日に薬丸がコメンテーターを務める『バイキング』(フジテレビ系)でのこと。  安倍首相の体調と今後の政治日程の影響などについて、テレビ朝日の記者から問われた麻生大臣は「テレビ朝日、おたく? あっ、そう。テレビ朝日をあんまり見ないんで、よく知らないんですけど。各社同じ情報を流しているんですか?」と、威圧的な口調で逆質問を畳みかけた。  さらに、「(病院から)帰ってこられて顔色見たって、どう考えたって、あの画像の映りの悪いテレビ朝日でも顔色良く映ってましたもんねえ。無理して顔色良くして映像流した訳じゃないだろ? そんな技術もないだろうし」と、麻生節。  この映像を見た薬丸は冒頭の「何様?」発言に続けて「こんな物言いしかできないんだったら、このポストにいないでいただきたいですね。本当に。これが一番醜い」と不快感をあらわにした。  薬丸の「何様?」発言はSNSでも賛否が分かれたが、こうした過激発言は今に始まったことではない。

薬丸裕英の過激発言は過去にも……

 今年6月、“トイレ不倫”が暴露されたアンジャッシュ・渡部建(47)にも『バイキング』で疑問を呈した。『週刊文春』のインタビューに応じた渡部が《女性との関係を“安全な遊び”》とした内容に対し、 「何をもって安全と思ったんだろう? 接待で政治家や力士やスポーツ選手と一緒になって、そういうところで遊んで、自分は安全だと思っていたんでしょうか」  また、緊急事態宣言中に医療関係者と会食した手越祐也(32)にも手厳しかった。「ある意味、コロナウイルスをうつされても面倒くさいので」という手越の発言に、 「かかりたくてかかるわけじゃない。僕はコロナで身近な大切な人を亡くしているので、許せない思いが先走った」  と激怒した。 「薬丸は4月23日に新型コロナウイルス感染による肺炎のために亡くなった岡江久美子さん(享年63)をとても尊敬していましたから、手越の軽い発言が許せなかったのでしょう。しかも感染防止のために、お別れをすることもできない。世の中が自粛しているそんな状況なのに、外出をして飲食をするなんて、“怒りしかなかった”というのも当然です」(スポーツ紙記者)

【関連記事】