Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【取調室取引24時‼️】「お笑い拳銃捕物帳」これが元ヤクザvs日の丸桜田一家の交渉舞台裏だ!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BEST TIMES

◼️5丁と半分の拳銃無宿  そんなことからボクは当日、駆け引きに出て、ポリ容器に入れた他人のション便をタウルス一丁で買ったのだ。そのあと、尿から覚せい剤の陽性反応が出なかったこと(他人のション便だから当たり前だ)と、捜査協力ということではあるが、実にタイミングよく拳銃一丁が挙がってきたことから、検事は何やらきな臭いものを感じ取り、違法な裏取引があったのではないかと怪しんだのも当然だった。しかし、それ以上は追及してこなかった。デカたちも刑事生命を懸けているので必死だったのだ。 この1500万円の恐喝未遂事件で、ボクは被害者を追い込んだときに馬乗りになって、その首根っこを押さえ、ボールペンで目を突こうとしたことがあったが、どうにか脅迫に落ちて、罰金刑で釈放されたのだった。 それはそうだ。四課のマル暴に、「死んでいった兄ィの持ち物だから」と言って、最高の物を提供したのだから……。ボクと一緒に逮捕状の出ていた弟分二人も、ただ事情を聞かれただけですんだ。 そして最後の1丁。ボクはある若い衆を日本刀の鞘でぶん殴った件で、弟分の南原と一緒にM署の捜査四課にパクられたことがあった。間の悪いことにこのとき、生活安全課代理のFの、犯罪を嗅ぎ分ける鋭い嗅覚によって、またもや覚せい剤か何かの別件が浮上して事件になりかけていたのだ。さらに、八王子署の銃器薬物班からも、拳銃2丁の捜査の件で問い合わせがあった。 ある日、Fに留置場から引っ張り出されたボクは生活安全課の取調室で、「このままじゃ、H署に身柄を持って行かれるな。オレが身柄を持っていかれないよう、向こう(H署)とも巧く話をつけてやるよ。それにこっちの件も巧くやってやるから一丁出せよ。ジンちゃん」と、例のごとく弱みにつけ込まれて一丁出す破目になってしまった。 FはH署の銃器薬物班に対して、プラスチック製の玩具の拳銃に黒くペンキを塗った物を、「情報提供者が見たのはこれだよ」と言って、その玩具の拳銃でチャラにしてしまった。 半年近くもボクのことを内偵していた結果が「玩具の拳銃一丁」というお粗末なことになったことから、八王子署の銃器薬物班のS係長は切歯扼腕し、情けなく悔しい思いをしたはずである。 しかし、人の縁とは不思議なもので、それからしばらく経って、ボクは知り合いの小平学園にある「R」のマスターから電話をもらった。その内容は「H署銃器薬物班のS係長から、是非とも会いたいからセッティングしてくれないかと頼まれた」ということだった。H署の係長の住まいが小平にあることから、「R」のマスターは知り合いだったようだ。当時、このマスターは某組織の現役のヤクザだった。 ◼️ヤクザ流「核抑止論」--治安維持「逆説」としての拳銃  しばらくして、ボクは「R」でH署のS係長と会ったが、このとき拳銃2丁の件を訊かれたのだ。 「ジンさん、もうすんだことですけど、本当は拳銃あったんじゃないですか? 僕は間違いなくあったと確信しています。ジンさん、本当のこと教えてくれませんか」 まるで胸のつかえを降ろすかのように訊かれたボクは、飲みかけたままのラムコークのグラスをそのままにして立ち上がった。 「そんなもの、始めからありませんよ」 ニヤリと、意味ありげな笑いを顔に貼りつけたまま、そのとき一緒にいた奥さんと、まだ歩き始めたばかりのユキテルの手を引いて帰ってきた。 こんな具合で、合計5丁と半分だったのだ。 拳銃1丁で懲役が助かれば、安いものである。拳銃は人を殺す道具ではあるが、また人を助けるための道具としても使えたのである。ボクはこれまで、このようにして何回も、落ちそうになったクソ溜めの獄の壁をよじ登り、危機を脱してきたのだ。 (『ヤクザとキリスト~塀の中はワンダーランド~つづく)

文・イラスト:さかはら じん

【関連記事】