Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

イケメンプロレスラーによる新たな舞台『2.9次元ミュージカル』が誕生!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
バトル・ニュース

 27日、2.9次元ミュージカル『必殺技乱発~新木場ユーズ・ユア・イリュージョン I ~』が新木場1stRingにて上演された。  2.9次元ミュージカルとは、ネルケプランニングによる『テニスの王子様ミュージカル』を筆頭に、マーベラスによる『舞台『刀剣乱舞』』、オフィスエンドレスによる『舞台『ニンジャバットマン ザ・ショー』など漫画やアニメ原作があるものを舞台化した2.5次元ミュージカルの市場規模が225億円を超えたことをうけ、市場規模140億円のプロレス業界で働くプロレスラーたちもかつてキン肉マンの2.5次元興行『キン肉マニア2009』を総合演出したマッスル坂井を中心としたスタッフを集めれば2.5次元舞台ができるんじゃないかということから始まったプロジェクト。  2.5次元舞台を作るためには当然原作が必要だが、わざわざプロレスの必殺技の擬人化マンガ『必殺技乱発(ふぃにっしゅらんぱつ)』を販売し、劇中歌を浜崎あゆみや田村ゆかりの楽曲にも参加している音楽家RAM RIDERに発注。2.5次元ミュージカルを名乗るには2.5次元ミュージカル協会の許諾がいることなどの問題点が発覚し、それを解消する手段として2.5次元ミュージカルより0.4次元分現実寄りの“2.9次元ミュージカル”としてスタートすることとなった。  『必殺技乱発』は、プロレスの必殺技が美少年に擬人化した“必殺技男子(ふぃにっしゅだんし)”と、悪のパイプイス男子が戦うというストーリー。  2020年5月という近未来を舞台にし、新型ウイルスの感染拡大により開催が予定されていた各イベントが中止や延期を余儀なくされているという荒廃した世界観の中、東京都江東区の地域密着型プロレス団体『新しい牙(通称:シンキバ)』のベテラン若手レスラー・ドリームボーイ今成を主人公に物語は進んでいく。

 世情により試合が全く出来ず悩んでいるシンキバは、最初こそ無観客試合をネット配信するなど企業努力をしていたが、プロレス以外の様々なコンテンツが無料配信されたことで他にも面白いものがたくさんあることがファンにバレてしまい急速に人気が低下。結果的に経営難に陥り、新進気鋭の敏腕経営者であり現役プロレスラーのビッグプリンス納谷によって買収されてしまう。  しかし悪徳経営に怒った今成の先輩にあたるミニシアター久弥が納谷に勝負を挑むが、納谷は濃厚接触を嫌がって組合わず。悪徳秘書が“素晴らしい装着感と密着性、特殊抗菌・防臭・防塵に優れたトラスコ中山社のクリーンマスク”を用意し、久弥はこれを装着するが「マスクの密着性が高くて息ができない」と弱ったところをKOされてしまった。  先輩のかたきを討つために今成が納谷に立ち向かうが、納谷に味方するようにパイプイス男子が今成を襲撃。パイプイス男子とは、プロレスの試合で凶器として使われて壊れてしまい道場の片隅やリングの下などに放置されたパイプイスが怒って擬人化したもの。寄生したレスラーを凶悪化させる付喪神である。  ピンチに陥る今成のもとへ必殺技男子たちが登場し、投げ技系必殺技の神である思切投太郎(おもいきりなげたろう)はジャーマン・スープレックス、飛び技系必殺技の神である高久辛飛光(たかくからとびみつ)がフロッグスプラッシュ、関節技系必殺技の神である膝十字欣也(ひざじゅうじきんや)がビクトル式膝十字、さらに丸め込み系必殺技の神である丸目込松(まるめこみまつ)、打撃系必殺技の神である野球棒振正(ばっとふるまさ)が現れ、振正がレゴ野球棒、込松がスクールボーイで攻め込み、最後は5人揃い踏みで「俺たちいつでも必殺技乱発!必殺技男子!」と名乗りを上げる。  オリジナルソングである『必殺技乱発!』に乗ってリング上でダンスを披露した必殺技男子は、「おまたせしました!宿主様!」と今成に忠誠を誓うと、パイプイス男子と寄生された納谷を倒すためいざ最終決戦へ。

【関連記事】