Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ピンチはチャンス!新たなジャンルへの挑戦・渡辺いっけいさんに聞く!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CBCテレビ

コロナ禍は刺激の時間

ウイズコロナの時代。何が変化し、どんな過ごし方をしてきたか? 今回は、俳優の渡辺いっけいさんに伺いました。 俳優の仕事もコロナの影響を大きく受け、劇場で開催される舞台や朗読劇は全て中止になりました。自粛中(緊急事態宣言発令中)は主にウォーキングと断捨離をしていたという渡辺いっけいさん。その中でご自身が変わったことといえば… 「ラジオを聴くようになりましたね。断捨離をしながら聴いた、芸人さんがしゃべっているラジオが面白くって。この自粛の状況をクスクス笑わせながらしゃべる芸人さんって凄いなというか、人を笑わせることに特化していて、カッコいいなって思いましたね」と、その裏にある俳優にはないスキルを感じたとか。さらに… 「YouTubeを見ていると、若手の中でもコアにおもしろい方がたくさんいて、そういう動画も網羅しました」と意外な一面も。コロナ禍で新たな楽しみを見つけ、お笑いから刺激を受けた渡辺さん。俳優としての考え方にも変化があったようです。

こだわりだけでなく、視野を広げる

「役者だけのジャンルにこだわらず、色々な仕事のオファーがあったら前向きに考えてみよう」と、バラエティーなどにも目を向け始めた渡辺さん。 「笑うのって、健康に凄く良いって言いますよね。人間は本能的にそういうことを知っていて、これまでもピンチを乗り越えてきたんでしょうね。たぶん、僕らがやっている仕事も繋がることだと思うので、自分が塞いでいる場合ではなく、みんなを楽しませることを考えていきたいなと思いました」と、コロナの自粛期間に仕事の姿勢などを見つめ直したということです。

【関連記事】