Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ゲーム条例の賛成意見 複数の「雛形」を使い回してご意見箱から連続投稿か 香川

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
KSB瀬戸内海放送

 香川県のゲーム依存症対策条例について県民から寄せられた「パブリックコメント」の賛成意見に、同じ文言が多く使われていた問題です。  賛成意見のほとんどが議会ホームページの「ご意見箱」から送られたものでした。さらに分析を進めると、複数パターンある「雛形」を使い回しながら連続して投稿している痕跡が見つかりました。

 KSBが情報公開請求で入手したパブリックコメントの原本によると、無効となったものを含め賛成意見の8割、約2000件が提出先として案内していない「ご意見箱」からの投稿でした。中には、ごく短い時間で連続して投稿されたと見られるものもありました。

ご意見箱から投稿 短時間で連続送信が…

(山下洋平リポート) 「議会事務局に連絡した上で、試しにご意見箱から投稿してみます。氏名、住所、そしてご意見・ご感想のところに『テスト送信させていただきます』と記入し、確認画面に進みます。  そして、内容を確認して『内容を送信する』をクリックすると…メッセージが送信できました。

 ここで、ブラウザの『戻る』ボタンを押すと先ほどの確認画面に戻りました。さらに戻るを押すと、先ほど入力した内容がそのまま残っていて入力がやり直せます。今回は、氏名と年齢だけ、私の名前からカメラマンの名前に書き換えて、内容確認。  そして、送信すると…あっと言う間に、人だけを入れ替えて投稿ができました」

(山下洋平リポート) 「香川県議会です。先ほど私がテスト送信したものが議会事務局に届いていたので印刷してもらいました。送信時刻は11時14分と16分。2分間で2件の意見を送ることができました」

同じ誤字が20件以上…投稿の仕組みが関係か

 ご意見箱からの賛成意見には「依存症」が「依存層」。「ご感想」が「ご感て想」という同じ誤字のものがそれぞれ20件以上ありました。

 中でも「ご感て想」は、タイプミスして変換しても、一発でこんな漢字に変換されることはないので、疑問に思っていましたが、この投稿の仕組みであれば、何らかの拍子で元々のフォームにある「感」と「想」の間に「て」が入ってしまったのに気付かず、他の部分だけを書き換えて何度も送信した可能性が高そうです。

【関連記事】