Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「らき☆すた」聖地、コロナで祭り中止…地元ファンはへこたれない 版元とも連携、聖地巡礼パイオニアの今

配信

withnews

13年前に放送され、「聖地巡礼」の先駆けにもなったアニメ「らき☆すた」。新型コロナウイルスの影響で、舞台・埼玉県久喜市鷲宮を訪れるファンはまばらになりましたが、ファンとの関係を絶やさないようイベントを企画する住民もいます。この秋には「続編」とも言えるアニメが放送予定で、再びアニメと地域のつながりが期待されています。(ジャーナリスト・河嶌太郎) 【画像】ゆるキャラ「かがみん」がマスク姿に…! 「らき☆すた」聖地・鷲宮

アニメ×地域の先行事例

「らき☆すた」は2007年4月から9月にかけて放送され、舞台となった鷲宮神社には、放送直後からファンが参拝に訪れるようになりました。この動きを察知した地元商店街や商工会が、鷲宮を訪れるファンをもてなそうとするところから交流が始まります。 この交流は、「らき☆すた」の版元である角川書店(当時)も交えた展開に繋がっていきます。ファン、地域、版元の三者が一体となることで、アニメが地域振興にも役立つのだ、ということがわかるようになりました。ファンと地元商店主によって「らき☆すた」の神輿も作られ、地域のお祭りと融合したことも話題になりました。 その後、鷲宮は「聖地巡礼」の先行事例として他の地域から参考にされ続け、10年以上経った今でもファンが訪れています。

神社の鳥居が…

ところが近年、「聖地」鷲宮に立て続けに“異変”が起き続けています。毎年9月に行われ、10年にわたり「らき☆すた」神輿のお披露目の場となっていた「土師祭(はじさい)」が、2018年以降中止になっています。大正時代に中断していた土師祭を1983年に復活させ、30年以上にわたってお祭りを率いてきた人物が18年2月に亡くなったためです。この死を悼むかのように、鷲宮神社の鳥居が同年8月に経年劣化で倒壊してしまいます。この鳥居は、「らき☆すた」のオープニングにも登場するシンボルでもありました。 さらに翌19年7月にも、「らき☆すた」に関する重大な事件が起こります。「らき☆すた」を制作した京都府宇治市の企業「京都アニメーション」のスタジオが放火され、36人が亡くなる事件です。この36人の犠牲者の中には、「らき☆すた」の監督を務めた武本康弘さんも含まれていました。 そんな鷲宮に「あかりを灯そう」と、19年12月には、東京オリンピックの聖火リレーの埼玉県内のルートに選ばれました。20年7月8日に鷲宮神社から出発し、加須市へ向かうというものでしたが、この計画も新型コロナウイルスの影響で未定になってしまいました。 久喜市の聖火ランナーの実行委員を務める、地元鷲宮の和菓子店「島田菓子舗」代表の島田吉則さん(54)はこう話します。 「東京オリンピックがコロナで延期になったことで、聖火リレーの予定もいったん白紙になってしまっています。聖火リレーそのものは延期してもやるでしょうし、コース取りも大きくは変わらないと信じていますが……とにかく先が見えない状況ですね」 長年ファンと交流してきた島田さんによると、コロナ禍で鷲宮を訪れるファンもまばらになったといい、今では地元の人しか店を訪れない様子だといいます。 また、2018年から土師祭に代わり「らき☆すた」神輿が担がれていた、7月下旬に開かれる「八坂祭」も中止が決まっています。

【関連記事】