Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「命の選別」という「出生前診断」を巡る悲劇の結末 そして母親は死を選んだ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリー新潮

〈出てこないとやばい。警察とか大事になっちゃうよ〉  21歳の長男がこうして幾度LINEを送っても音沙汰がなかった母親からようやく返事が来たのは、最後に〈寂しい〉という一言だけのメッセージを送った時だった。

 45歳の母親は殺人未遂の罪により、執行猶予中であった。1週間前、間借りしていた親類の家を何も言わずに飛び出し、執行猶予の条件として月2度あった保護司との面会を初めてすっぽかしていた。「今月中なら待ちます」と保護司は言ってくれたが、それを過ぎると保護観察所に連絡せざるを得なくなるという。もしかすると執行猶予を取り消されるかもしれないと長男は心配していた。  LINEに対しての母親からの返事には〈会おう〉と書いてあった。その日すぐに、母親は長男の職場近くのサイゼリヤまで会いに来てくれた。 「死ぬとか絶対に考えないでね。がんばって働いて僕がアパート借りるから、早くみんなで一緒に暮らせるようにしよう」  長男がそう言うと、母親は「“今は”練炭もないし、大丈夫だよ」と返した。  あとで振り返れば、いつもすぐに泣く母親がこの日はまったく泣かなかったし、嘘が下手なのに、結果的にこの日だけは上手に嘘をついた。 「大丈夫だよ」……。  翌々日に会って一緒に保護司に連絡しようと約束をした。「今日はネットカフェに泊まりたい」と母親は言い、長男はまたすぐに会えると考えて承諾した。  それぞれの車に乗って駐車場を出たが、長男が帰る家と母親が目指すネットカフェは方向が逆のはずなのに、なぜか母親は彼の車の後ろをしばらくついて来ていた。赤信号ではぐれた姿が、長男が母親を目にした最後になった――。

出生前診断を受けられず…

 男の子ばかり3人の子どもを産んだ母親は、難病を患う1歳になったばかりの三男の口と鼻を塞いだとして、2016年11月17日、殺人未遂で宮城県警に逮捕された。三男は厚生労働省の指定難病を患っていた。3歳までの死亡例が多く、視覚や聴覚の障害を伴い、飲み込む力もなくなっていく症状を呈し、根本的な治療法は未だない。  事件より10年ほど前に、母親は同じ病気により次男を4歳で亡くしていた。3時間毎の痰の吸引が必要で、ある日母親が介護の疲れから寝てしまった間に、痰が詰まって窒息死していたのだ。  この病気は、父親と母親から同じ病気の原因遺伝子を受け継いだ場合にのみ子どもに発現する常染色体劣性遺伝によるもので、子は4分の1の確率で発病する。残りの4分の1は何もなく、その他2分の1は原因遺伝子を持つが発病しない「保因者」となる。  罹患者は日本で10万人に1人と言われているが、保因者は150人に1人ほどいると推定されている。ほとんどの人がこのような病気を発症する遺伝子をいくつか持っているが、常染色体劣性遺伝では両親ともに同じ原因遺伝子を持っている場合のみ、子に遺伝子が受け継がれる。つまりこの母親、そして彼女の夫はともに自身は発病しなかったものの保因者で、次男と三男にそれが受け継がれ発症したことになる。  逮捕された母親の公判では、子どもの難病と彼女の看病の困苦に同情してか、傍聴席に涙ぐむ声が響いたという。このような事情を鑑みて、17年仙台地方裁判所は、懲役3年保護観察付き執行猶予5年という判決を言い渡した。  私は昨年、本誌(「週刊新潮」)12月5日号で〈「命の選別」という「出生前診断」に母親の懊悩〉と題したルポを書き、この母親が抱えていた心の葛藤と出生前診断の問題点を描いた。  母親は次男の死に対する自責の念に苦しみ、引きこもりになっていた。それでも少しずつ心を癒やし、ようやく社会復帰できるかもしれないと思った矢先に、三男を妊娠した。三男が、次男が患っていたのと同じ病気を発症する確率は、先に説明したように4分の1であった。 「またこの子が同じ病気だったらどうしよう。幼くして、苦しんで死んでいくのではないか」  そう心配になった母親は、出生前診断を受けようと産科クリニックに相談に行った。しかし、「ダウン症などしか調べられない」、つまりは問題の難病は出生前には診断できないと、現実とは異なる否定的な答えをされたという。それはクリニックの単なる無知だったのか、それともそこにはできるだけ出生前診断は避けるべきだとの医療者としての信念があったのか。母親はなす術もないまま出産し、結局、しばらくしてから三男も同じ遺伝性難病であることが判明した……。  出生前診断をめぐる議論は遅々として進まない。厚生労働省はこの8月、新型出生前診断(NIPT)のあり方につき、近く新たな検討部会を設けると発表したが、日本産科婦人科学会がNIPTを受けられる施設の要件を緩和する方針を打ち出したのは昨年3月のことだ。 「命の選別」に関わるため慎重に議論を進めるべきだと繰り返し言われてきたが、命にまつわる大切なことだからこそ、丁寧にかつ迅速に、そしてタブーを設けずにさまざまな立場から議論すべきではないだろうか。科学技術の発達と人々の倫理の乖離はますます大きくなっていく。今を生きる命は結論を待ってはくれない。  難病と分かった三男が入院している時、看護師に痰を吸引され体を真っ赤にして苦しみ泣く姿を母親は目にする。彼女は次男の苦しんで死んだ顔を思い浮かべた。 「この子もどんなに生きられても4歳まで。苦しむだけで死んでいくのか。今のうちに亡くなった方が幸せなんだ」  母親はそう思い、咄嗟に我が子の鼻と口を塞いでしまったという。だが、すぐに我に返り、ナースコールを自ら押して、助けを求めた。三男はなんとか一命をとりとめた。  私はこの母親に断続的に取材をし、LINEのやり取りをした。最初、私は彼女のことをどこか稀有な境遇を生きる「特別な人」だと思っていたのかもしれない。しかし、実際に会って話してみると、幼さの残る顔立ちにいつも穏やかな笑みを浮かべ、気遣いに満ちた優しい人のように思えた。  辛い思いをしたにもかかわらず、取材に応じてくれた理由を母親に問うた時は、このようなLINEが返ってきた。 〈少しでも世の中が変わってくれたら嬉しいです〉  この母親が変わってほしいと願った世の中とは、どんな社会だったのだろうか――。

【関連記事】