Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「俺はお前の入部を絶対に認めない!!」佐野勇斗&古川毅、「FAKE MOTION -」火花バチバチの先行カット公開

配信

ザテレビジョン

佐野勇斗をはじめ若手俳優集団「恵比寿学園男子部(EBiDAN)」のメンバーが出演する連続ドラマ「FAKE MOTION -卓球の王将-」(日本テレビ)の第2話が4月15日(水)に放送される。公式サイトサイトで見ることができる第2話予告動画では、高杉律(佐野)の入部を断固反対する卓球部員・桂光太郎(古川毅)の激高シーンが公開。さらに、光太郎が律の襟元を掴みにらみ合う火花バチバチショットも先行公開された。 【写真を見る】佐野勇斗らによる卓球シーンはド迫力! ■ 卓球界からも注目を集めるスポーツ青春ドラマ 新たな総合エンターテインメントプロジェクトとして始動した本作は、卓球をテーマにしたスポーツ青春ドラマ。空前の卓球ブームに沸く20XX年の東京を舞台に、学校のランクも勉強や喧嘩の強さではなく卓球の勝敗で決まるという卓球戦国時代を生き抜く高校生たちの青春を描く。 放送前からEBiDANファンのみなならず卓球の張本智和選手、吉村真晴選手、Tリーグチェアマンの松下氏らがSNSでドラマに対する期待の声を発信するなど、卓球業界からも注目が集まる注目作だ。 注目の第2話では、卓球部への入部を決意した律と、律の入部に断固として反対する光太郎に、部長の松陰久志(北村匠海)は律の入部をかけたダブルスの試合を提案する。 副部長の日下丈道(橘柊生)とペアを組む律は、井上紋太(田中洸希)と伊東俊介(吉澤要人)と共に練習に励む日々。律と楽しそうに練習をする仲間たちを見て、光太郎の心境にも変化の兆しが表れる。そんな中、半年前に律が起こした暴行事件の真相が明らかになる。 ドラマ公式サイトで公開されている予告動画では、光太郎が律に「俺はお前の入部を絶対に認めない!」「今更友達面すんな!」と罵声を浴びせるシーンが登場。緊張感高まるストーリーを予想させている。 (ザテレビジョン)

【関連記事】