Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アベンジャーズ的バンド・クレイユーキーズ、新曲を「TikTok OTODAMA 24時間LIVE」でyui(FLOWER FLOWER)と初披露

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
E-TALENTBANK

「TikTok OTODAMA 24時間LIVE」にて、クレイユーキーズの『道 with yui(FLOWER FLOWER)』を7月15日に配信リリースする事が決定した。 クレイユーキーズとして三作目の今作はシンガーソングライターのyuiを迎え、地元を離れた人、地元に残った人の2人をストーリー調に表現した楽曲になる。 そもそも2018年2月24日にOKP(Aqua Timez)、Shun(HY)、芹沢優真(Special others)、Martin(OAU)、GIRA MUNDOとyuiで、平昌オリンピック冬季競技大会パブリックビューイングイベントに出演した事がクレイユーキーズ結成のきっかけ。 それ以降ライブを様々な場所で重ね、満を持して今回が初めての楽曲リリースとなる。 そんなアベンジャーズ的バンド「クレイユーキーズ」とは何者か。中心メンバーは元キマグレンのクレイ勇輝を筆頭に、2019年のNHK紅白歌合戦のAI美空ひばりの「あれから」の作曲を担当したKafu Sato、元Aqua TimezのOKP-STARなどになる。 そのユニークな活動スタイルは、多くのメンバーがその時々で入れ替わるコミュニティー系のバンドであること。今までのバンド編成の最大人数は9人で主なメンバーは中心のKafu Sato、OKP-STAR、クレイ勇輝、以外にもMartin Johnson (OAU)、杉本雄治(WEAVER)、西岡ヒデロー、上野優華、斎藤アリーナ、諸石一馬(ex.Shiggy Jr.)、SARO、小笠原拓海、Shun (HY)、芹澤”REMI”優真(Special Others)、真船勝博、村山☆潤、西村ヒロチョなど、さらにyui(FLOWER FLOWER)、井上苑子、山之内すずなど華やかなゲストヴォーカリストも合わせ、総勢32名にも及ぶ。コミュニティー系バンドとして、今後の活動が更に期待される。

株式会社イータレントバンク

【関連記事】