Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

静岡県弁護士会の有志、検察庁法改正案の反対を訴え

配信

静岡朝日テレビ

 検察庁法の改正案をめぐり、安倍総理は今国会での成立を断念しましたが、静岡県内でもこの法案に反対の動きがありました。  午後、静岡県弁護士会の有志が静岡市葵区で、検事総長などの検察幹部の定年延長を内閣の判断で認める検察庁法改正反対を訴えました。法改正をめぐっては、検察の人事に政権の恣意的判断が加えられ、検察の独立性が侵害される恐れがあるとしてSNSなどでも反対する動きが拡大し、安倍総理は今の国会での成立を断念しました。 大多和暁弁護士「何でも自分の都合のいいものにするのではなく、権力分立ということで色んな形でチェックアンドバランスが保たれる。それが健全な民主主義国家」