Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

MCUにも大抜擢!韓国の強面愛され俳優”マブリー”ことマ・ドンソクのキャリアを振り返る

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MOVIE WALKER PRESS

極太な上腕、身長180cm、体重90kgの戦車のようなマッチョボディ、男臭すぎる強面ルックス…。このインパクトありまくりなビジュアルを武器に、韓国映画界でいま最も存在感を放っている男が、マ・ドンソクだ。 【写真を見る】縦縞スーツもきまってる!“マブリー”ことマ・ドンソクの極悪組長役がヤバすぎる… そのイカつい見た目とは裏腹に“マブリー(マ・ドンソク+ラブリー)”の愛称で親しまれ、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の待機作『エターナルズ』にもキャスティングされるなど、活躍著しい彼のキャリアを改めて振り返っていきたい。 ■“存在感のある脇役”から、『新感染』で一躍大ブレイク! 18歳のころに家族でアメリカに移住し米国籍を取得すると、格闘家のフィットネストレーナーやクラブの用心棒など様々な職を経験したドンソク。役者としては、1994年にアメリカでミュージカル俳優としてキャリアをスタートさせると、その後、活躍の場を韓国に移し『天軍』(05)でスクリーンデビューを果たす。 韓国映画を多く観ていると「なんかこの人、前も観た!」と、ナイスな顔をした脇役の存在に気づく瞬間が時折訪れるが、ドンソクもまた『悪いやつら』(12)、『FLU 運命の36時間』(13)、『ミスターGO!』(13)、『群盗』(14)、『ベテラン』(15)など、どこかで見たことある強面脇役俳優として、多くの良作に出演。日本劇場未公開ではあるが、『隣⼈ -The Neighbors-』(12)でその存在感をアピールし、韓国のゴールデングローブ賞と称される百想芸術⼤賞で最優秀助演男優賞を受賞した。 そして、世間にその名を知らしめたのが『新感染 ファイナル・エクスプレス』(16)だ。韓国での観客動員数1100万人超の大ヒットとなったこのパニック映画では、コン・ユ演じる主人公と一緒に行動し、次々と素手でゾンビをなぎ倒していく武闘派の男を熱演。強面だけど善良、そして男前すぎる最期…とハマりっぷりは、日本でも大きな注目を集めた。 一躍ブレイクを果たすとその後は主役級の作品ラッシュ。『犯罪都市』(17)、『ファイティン!』(18)、『守護教師』(18)、『無双の鉄拳』(18)など、強面で乱暴な正義漢というお得意の役どころのアクションが超ハイペースで作られていく。また、『グッバイ・シングル』(16)、「神と共に」シリーズなどでは“マブリー”と呼ぶにふさわしいコミカルで愛らしい一面のアピールも忘れず、隙のないキャリアを構築すると、“アベンジャーズ級の豪華キャスト集結”と言われている『エターナルズ』に抜擢されるまでに上り詰めた。 ■魅力をこれでもかと詰め込んだ極悪ヤクザ役がハマりすぎ! そんなドンソクの良いところが、これでもかと詰まっているのが、7月17日より公開中の『悪人伝』だ。連続殺人鬼に刺されてしまったヤクザの極悪組長が、その犯人を捜しだしてぶち殺すため、暴力刑事と秘密裏に手を組んで迫っていくというアクションスリラーだ。 ドンソクはもちろん(?)ヤクザの組長のチャン・ドンスを演じており、劇中ではその筋骨隆々なガタイ(全身刺青入り)と強面フェイスを活かしまくったナイスな瞬間が、これでもかというほどのオンパレード! 敵対するヤクザの下っ端をサンドバッグに詰め込んでひたすらに拳を叩き込んだり、せっかくの上等な食事を台無しにするヤツに対しては、「黙って食え」としつこいほどの平手打ちをお見舞い。組長同士の会話を遮った若い衆に対しては、無言で拳の制裁を加えたりと、裏社会のトップが持つであろうすごみまで説得力抜群に体現しているのだ。 一方で、雨に濡れながらバスを待つ女子高生に傘を渡したり、組員たちとの食事の場では彼らからの感謝の言葉に照れ臭そうにしたりと、キュートな一面もチラり。暴力刑事とのどこか仲睦まじげなやりとりなど、思わず「マブリー…」と声が漏れてしまいそうなギャップのある姿も存分に見せつけてくれる。 そして物語の最後の最後には、キュートさはゼロの戦慄の微笑み披露しており、マ・ドンソクの魅力を骨の髄まで吸い尽くすことができる『悪人伝』。ぜひ劇場でチェックして、最高のマブリー体験を味わってほしい! 文/トライワークス

【関連記事】