Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

あの芸能人2世も韓国へ……なぜK-POPからデビューする日本人の若者が増えているのか

配信

文春オンライン

 今、才能ある日本の若者たちが韓国を舞台に活躍している。先月デビューメンバーが発表され、話題となった「Nizi Project」も日本のソニーミュージックと韓国の芸能事務所JYPエンターテインメントの日韓共同企画。参加者の大多数は日本人でありながら、彼女たちが目指していたのはJ-POPではなくK-POPスタイルのアイドルであった。 【画像】韓国のバラエティで爆発的な人気を誇る日本人アイドル  総合プロデューサーとして番組を牽引していたのは、2PMやTWICEの生みの親であり自身もアーティストのJ.Y.Park。彼が少女たちへ語りかけた真摯な言葉に、心動かされた人も多いのではないだろうか。これまで多くのスターを育ててきた自負と経験からくるものなのだろう。  そして挑戦者の少女たちも、信念を持って自ら勝負する場所を選んでいた。NiziUのリーダーとして1位でデビューが決まったマコは小学生の頃からK-POPアイドルに憧れて韓国語を勉強。2年7ヶ月もの間JYPの練習生として活動してきた。  HIPHOPアーティストZeebraとモデル中林美和の間に生まれた“サラブレッド”として注目を浴びるリマも、日本の大手芸能事務所傘下のダンススクールからJYPへ移籍している。  10代の彼女たちがあえてK-POPの世界に身を投じた背景には、活躍している先輩たちの成功例と世界進出への野心がある。

「TWICE」の成功と「IZ*ONE」の凱旋

“韓国発の日本人スター”の代表例はNiziUの先輩、TWICEのモモ、サナ、ミナだ。日本で正式デビューした2017年からヒットを飛ばし、紅白歌合戦にも出場。「情熱大陸」でも取り上げられると、普段はK-POPを聴かない層や幅広い世代から支持されるようになった。韓国でも今年7月時点で9枚目のミニアルバム「MORE&MORE」がガールズグループの史上最多売り上げを更新するなど、未だ勢いは衰えない。  TWICEがブレイクしたきっかけのひとつに日本人メンバー・サナの歌う「shy shy shy」というフレーズがあったり(“シャーシャーシャー”と聞こえるのが可愛いと話題に)3人の名前を合わせ“ミサモ”と呼ばれバラエティ番組で活躍するなど、彼女たちの存在感は大きい。  さらに直近の成功例として外せないのがIZ*ONEだ。韓国の芸能事務所の練習生と日本のAKB48グループに所属するアイドルの中からオーディションを勝ち抜いた12人のメンバーで活動。その中でもHKT48出身の宮脇咲良は圧倒的な人気を誇る。同じくHKT48から韓国へ渡った矢吹奈子、そしてAKB48チーム8出身の本田仁美もダンスの実力を認められチームに不可欠な存在となっている。  6月に行われたオンラインフェスティバル「KCON:TACT 2020 SUMMER」では3日目のトリを飾り、深夜にもかかわらず日韓のファンを中心に投げ銭とメッセージの嵐。両国での人気を証明する形となった。

【関連記事】