Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ブリじゃないよアイブリだよ 富山湾に「しま模様」の珍魚

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
北日本新聞

 富山市水橋沖で捕獲されたアイブリ1匹の幼魚の展示が18日、魚津市の魚津水族館で始まった。富山湾での確認は2013年以降で6例目。初めて展示する同館は「幼魚ならではのしま模様を観察してほしい」としている。  ブリと同じアジ科で、ブリに似ているが異なる「中間の魚」というのが名前の由来。国内では主に九州沖など南日本に生息する。富山湾で見られるのは珍しく、暖流の対馬海流に乗って回遊したとみられる。  8月27日に水橋沖の水深40メートルで定置網に掛かっていた。餌を安定的に食べるようになるのを待って展示を始めた。  幼魚は体長15センチ。成魚になると約80センチまで育ち、しま模様も薄くなる。担当飼育員は「かわいらしい姿は幼魚ならでは。長期飼育し、ブリと同様に大水槽で展示したい」と話した。

【関連記事】