Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

最高峰ミニバン・アルファードの魅力とは? 内装やデザインなど人気の秘密を解説

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEB CARTOP

高級ミニバンというジャンルを定着させたアルファード

 高級ミニバンを世に知らしめた存在は間違いなくトヨタ・アルファードだろう。先にライバルである日産エルグランドが存在してはいたものの、ブームといえるほどの人気を不動のものにしたのは間違いなくアルファードの功績である。そんなアルファードも現行モデルは3代目だ。魅力をお伝えしよう。 【写真】トヨタ・アルファードの内外装と走り

アルファードの歴史 2002年 初代

 初代アルファードは、高級感、豪華さを全面に押し出した大型ミニバンとして登場した。ライバルのエルグランドがFR車であったのに対し、アルファードはパッケージングで有利なFFレイアウトを採用。重量級の大型車でありながら、フロントはストラット、リヤはトーションビームというサスペンション形式となっている。パワーユニットは3リッターV6、2.4リッター直4、さらに2003年には、2.4リッター直4エンジンとTHS-Cというシステムを組み合わせた、アルファードハイブリッドも登場した。2008年に2代目へとバトンタッチ。

2008年 2代目

 初代のイメージを踏襲し、豪華さを前面に押し出したコンセプトも継続された。パワーユニットは2.4リッター直4と、上級車種は3.5リッターV6へと排気量がアップされている。登場当初はハイブリッドモデルはラインアップされていなかったが、2011年のマイナーチェンジ時に追加。現在数多くのモデルに採用されているシステム、THS-IIと2.4リッター直4を組み合わせたユニットを搭載している。また、2代目では販売店と見た目が異なる姉妹車、ヴェルファイアがラインアップされたこともトピックスだ。2015年に生産を終了している。

2015年 3代目

 さらに高級感を磨き上げ、ショーファードリブン=セダンという常識を覆すように、VIPの送迎などにも積極的に使用されるようになった。2代目では攻撃的な見た目のヴェルファイアの人気が高かったが、3代目アルファードは巨大なメッキグリルを採用し、ヴェルファイアの迫力に近づく押しの強いフロントフェイスが衝撃を与えた。2018年でのビッグマイナーチェンジではさらにフロントフェイスのメッキ割合を増やし、販売台数ではついにヴェルファイアを逆転している。パワーユニットは2.5リッター直4、3.5リッターV6、2.5リッター直4+THS-IIの3種。

【関連記事】