Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

自宅待機 に機会を見出す、オンライン学習のマスタークラス:「我々には果たすべき役割がある」

配信

DIGIDAY[日本版]

最近、何も考えずにインスタグラムをスクロールしたり、YouTubeでチュートリアルを見たりして過ごしている人は、豪華な著名人たちを講師陣に揃えたオンライン学習プラットフォーム、マスタークラス(Masterclass)の広告を目にする機会が増えているはずだ。 おそらく、ナタリー・ポートマンに演技レッスンを受けないかと誘われたり、ゴードン・ラムゼイに料理教室の売り込みをされたりしているだろう(筆者の場合、ジュディ・ブルームとデビッド・リンチの講座の予告編をよく見る)。現在、マスタークラスには約80人の著名人講師がいて、講師や予告編は広告を見る人の関心によって変わる。しかし、マスタークラスの広告の増加が一部の人々にとって、隔離された奇妙な暮らしの柱になっていることは確かであり、その証拠に、サタデー・ナイト・ライブ(Saturday Night Live)もマスタークラスの広告のパロディを公開している。このパロディ広告では、マスタークラスが新コンテンツ不足に陥り、ジョジョ・シワやティモテ・シャラメのクラスを新設せざるを得なくなっている。 マスタークラスでは3月上旬、既存会員による講座の視聴時間が増えはじめた。同時に、予告編の視聴頻度が増加した。ただし、エンゲージメントがどれくらい増加しているか、新規会員がどれくらい増えているかについては同社は明かしていない。 マスタークラスのCMO、デイビッド・シュライバー氏は、広告が最後まで見られていることについて、「マーケターが夢見ていることだ」と喜ぶ。ただし、現在置かれているような状況を望むブランドはいないとも言い添えている。「我々には果たすべき役割があると実感するきっかけになった」。 マスタークラスは現在の危機の「勝ち組」グループに属する。旅行、小売などの業界は生き残りを懸けて闘っているが、世界中の人々が自宅に閉じこもったことで、大手消費財企業や自宅フィットネス関連企業、ストリーミングサービスやオンライン学習は恩恵を受けている。

【関連記事】