Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「シーマのライト」「GT-Rのホイール」他メーカー製でもカッコよければ移植した「純正流用」カスタム10選

配信

Auto Messe Web

他車種パーツ流用カスタムが旺盛だった1990年代~2000年前半

 昔から純正パーツを使った流用カスタムというのは人気が高く、その時代のトレンドを映し出してきた。高性能パーツはチューニングに、オシャレなパーツはドレスアップにともてはやされ、アフターパーツでは成し得ないオリジナリティを追及できたのだ。 【画像35点】軽自動車にポルシェのデイライトやベンツのグリルも!? 破天荒だけど妙に似合う「純正流用」ユーザー車(12台)など  中古パーツを上手く手に入れれば、コストパフォーマンスに優れていたのも人気の理由。そんな純正流用カスタムの懐かしき人気メニューを振り返ってみよう。

【1】R32スカイラインGT-R純正インタークーラー

 純正とは思えない、前置きタイプの大型インタークーラー。GT-Rをチューニングするユーザーのほとんどが大容量タイプに交換するため、純正の中古品が多く出回った。  格下の排気量となるシルビアクラスなら十分にチューニングパーツとして機能するため、多くのユーザーが社外品より安いGT-R純正中古品で流用チューンを行なったものだ。ストック状態はブラックに塗装されているが、それを剥離してアルミ素地にすれば、迫力のチューニングテイストがアピールできた。

【2】R32スカイラインGT-R純正ホイール

 標準車に装着された純正16インチホイールは、スポーティな5本スポークで鍛造というハイスペックなもの。ただ残念なのはサイズ的にインチアップした方が断然カッコ良く、ほとんどのGT-Rオーナーが17~18インチのワイドなものに交換していた。  そこで余った純正ホイールに目をつけたのがカスタムフリーク。なかには車両側のハブを4穴から5穴へ変換してまで流用する猛者も現れ、多くのマニアがGT-Rのカリスマ性を足元に盛り込んだものだ。最近のクルマだと16インチというサイズは少々寂しいが、デザインはいまでも色褪せない洗練された純正ホイールといえるだろう。

【3】Z32フェアレディZ純正エアフロセンサー

 エンジンの吸気量を計測するセンサーとして、当時の代表的なパーツがエアフロセンサー。Z32用は3Lツインターボの吸気を1基で計測していたため、他の車種ではチューニング用として重宝された。代表的なのはGT-Rに搭載されたRB26DETTエンジンへの流用で、2基のエアフロをZ32用にすれば6Lターボクラスの吸気量が計測可能になった。

【関連記事】