Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

乳がんと闘ったセレブたちの実録エピソード

配信

ELLEgirl

乳がんは日本人女性にとって最も罹患率が高いがんとされているが、日本だけのことではない。世界で活躍する女優やシンガーなど、著名セレブたちも乳がんの闘病経験を告白している。彼女たちはどのようなことを感じたのだろうか。2013年にアンジェリーナ・ジョリーが『ニューヨーク・タイムズ』に寄稿した手記をはじめ、セレブたちの体験談をお届け。

アンジェリーナ・ジョリーの手記~母親をがんで亡くして

「私の母は約10年間がんと闘い、56歳で亡くなりました。最初の孫と対面し、その腕に抱くことはできましたが、他の子供たちは私の母に会うこともなく、彼女がどれほど愛情深く、優しい人だったのかを知ることはありませでした。私たちは『ママのママ』について話し、彼女がどのような病気で亡くなったのかについて説明しています。すると子どもたちは、私にも同じことが起こるのかと聞いてきました。私はいつも『心配ない』と答えますが、本当のところは、私は乳がんや卵巣がんを発症するリスクを高めるBRCA1という遺伝子を持っています。主治医によると、私が乳がんになる確率は87%、卵巣がんになる確率は50%とのことでした。遺伝子の突然変異に起因する乳がんはごく一部で、BRCA1に欠陥がある人は平均で65%程の(乳がんを発症する)リスクがあるそうです。これが私の現実だと知り、私は積極的に、リスクを最小限に抑えようと決断しました。予防のために、両乳房の切除術を受けることにしたのです。乳がんのリスクは卵巣がんのリスクよりも高く、さらに手術も複雑なので、胸の手術から始めることにしました」

シンシア・ニクソン

「闘病中は、(乳がんであることを)公にするつもりはなかった。病院にパパラッチが来ることは避けたかったから。『あぁ、どうか気づかれませんように』と願っていたの。(母親も乳がんだったため)自分にも可能性があることはわかっていて、(毎年受けるマンモグラフィー検査で)早い段階で発見されて治療をできたことは最善のことだったと思うわ」-『ナイトライン』

【関連記事】