Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日本人は職場の不満が大きいのに、なぜ会社を辞めないのか

配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

日本で働く人は、他国に比べて職場への不満があらゆる項目で大きいが、会社を辞めたい人は限定的である──。 【全画像をみる】日本人は職場の不満が大きいのに、なぜ会社を辞めないのか 日本・アメリカ・フランス・デンマーク・中国で実施した、民間企業で働く30代・40代を対象とする「5カ国リレーション調査」で、こんな結果が明らかになった。不満だらけにもかかわらず、なぜ日本人は転職しないのか。

社員は不満だらけなのに、会社を辞めない

まず、今の個人と企業の関係を調査のチャート図で見ておこう。 一見して分かるように、日本(赤色)の波形だけが、明らかに他の4つの国に比べて小さい。 日本は、「会社の経営理念に共感している」も、「仕事にのめり込んでいる」も、「給与に満足」「仕事の人間関係に満足」も、他国よりスコアが小さい。その結果、「今の会社で長く働きたい」のスコアも、5カ国最低である。 日本で働く人は不満だらけというこの結果は、それだけで私たちを暗澹たる気分にさせるが、衝撃的なのはそこではない。 この調査結果によると、日本の働く個人は不満だらけにもかかわらず、「今の会社を辞めたい」というスコアだけは、他国と同じ水準ということ。 本来これだけ会社や仕事に不満があれば、「今の会社を辞めたい」のスコアは飛び抜けて高くなるはずにもかかわらず、そうはなっていない。これは、日本では他国ほど転職環境が整っていないためとみられる。 社員からすると、今の職場は不満だらけ。長く働き続けたいとは思わないが、辞められないから留まるしかない。 企業からすると、経営理念に共感しておらず、仕事にのめり込んでいるわけでもない、もっといえば長く働き続けたいとも思っていない社員が、辞められないからと居続ける。 居続けるなら頑張ってほしい。やる気がないなら辞めてほしい。それが企業の本音だろう。

エンゲージメント人材が倍増は「かかわり」次第

一般的に、会社が求めているのは、経営理念に共感し、仕事にのめり込んでくれる、そんな人材だろう。「仕事にのめり込んでいる」というのは、社員のエンゲージメントを測定する代表的な項目だ。 ところが、米ギャラップ社の「エンゲージメント調査」では、日本は「熱意あふれる社員」が6%しかおらず、139カ国中132位と、ずばぬけて低い結果に。 エンゲージメントは、2019年の労働経済白書で取り上げられるなど、近年、組織・人事に関心のある人にとって注目の指標となっている。 そこで筆者らリクルートワークス研究所では、経営理念に共感し、仕事にのめりこんでいる「エンゲージメント人材」の割合が高くなる要因を探った。 その結果、「職場のかかわり」が充実していると、どの国でも「エンゲージメント人材」の割合が増加することが明らかになった。 とくに日本ではこれが顕著で、職場のかかわりが充実していると、エンゲージメント人材の出現率が8%から17%と倍以上に増加する。 ここでいう職場のかかわりとは、「仲が良く楽しいチーム」「目標に向かって努力するチーム」「キャリアアップを支援する上司」「一人ひとりのスキルや才能が尊重されている」などの総合点。職場の居心地や、円滑なコミュニケーションを指している。

【関連記事】