Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

迎え入れた新役員は…有罪判決で執行猶予中だった 県から事業受注の建設会社、許可を取り消し

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
埼玉新聞

 埼玉県は30日、禁固以上の刑が確定していた人物が役員を務めているとして、さいたま市緑区の大和建設を許可取り消し処分としたと発表した。 元店長を逮捕…21歳、売上金611万円横領した疑い 犯行認めるも行方不明…県警発見「遊興費に充てた」

 県建設管理課によると、同社は6月に役員の変更届を提出。県が調査したところ、2018年10月に執行猶予付きの有罪判決を受け、執行猶予中だということが分かった。同社の役員は2人。県から建設事業を受注しており、業務を再開するためには再度許可申請を行う必要があるという。

【関連記事】