Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「徳地和紙」を使った折り染めのタペストリー 山口市

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
宇部日報

湯田温泉「狐の足あと」に展示

 山口市徳地地域の伝統工芸品「徳地和紙」を使った折り染めのタペストリーが、湯田温泉2丁目の観光施設「狐の足あと」に飾られ、涼やかな風情を醸し出している。  鎌倉時代から約800年受け継がれている徳地和紙の魅力を発信しようと、同施設と作家2人による年間企画。今回は初夏をテーマに、徳地和紙ワークス代表の船瀬春香さんが梅雨時期に咲く草花や、コロナ禍の暗い雰囲気を吹き飛ばすビタミンカラーを使ったカラフルな作品を制作した。  タペストリーは長さ146センチ、幅54センチ。徳地和紙の歴史を紹介するパネルや七夕飾りも設置されており、徳地和紙でできた短冊に誰でも願い事を書くことができる。  船瀬代表は「手すき和紙ならではの柔らかさを感じてもらい、見た人の心がほぐれてくれたら」と話している。7月中旬まで。時間は午前8時~午後10時。