Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

山田哲に大瀬良…巨人が2年がかりで狙う“総額60億円”超大型補強プラン

配信

日刊ゲンダイDIGITAL

広島エース大瀬良は巨人ファンだった

 巨人とソフトバンクは、来オフも火花を散らしそうだという。 「来年、つまり21年の話ですが、シーズン中に広島のエース・大瀬良(大地=29)が国内FA権を取得します。現在22年ぶりの開幕戦から2試合連続完投勝利中の大黒柱。今季の年俸は1億7500万円だから、山田哲ほどベラボーではないため、FA戦線に出てくれば、争奪戦になるのは間違いない。それでも、巨人とソフトバンクの一騎打ちとみられています。巨人はメジャー志向を公言しているエース菅野が21年中に海外FA権を取るため、去就が不透明。菅野の後を託せる投手なんて球界にそうはいない。大瀬良は九州の長崎と鹿児島で育っていますが、子供の頃は巨人ファンだったそうです。とはいえ、ソフトバンクのお膝元といわれる福岡の九州共立大出身。地元のエースが権利を行使するなら、手を挙げないわけにはいきません」(前出の球界関係者)  巨人は昨年の日本シリーズでソフトバンクに4連敗を食らい、原監督が「昨年の日本シリーズは全然覚えていない。出たことすら忘れている」と話すほどいまいましい相手である。18年オフに2年連続でMVPの広島・丸をFAで獲得した際、年俸4億5000万円の5年総額25億5000万円で口説き落としている。別の球界関係者が明かす。 「山田哲への提示は少なくても年俸6億円の5年以上。丸以上の最高条件で総額は35億円級になる見込みです。翌年の大瀬良は今季と来季の成績次第だが、年俸3億~4億円×4年で総額17億円級となるかもしれません」

 巨人は昨オフ、2人のFA補強に失敗したが、今度は負けられない。今オフには山田哲の他に、中日の開幕投手・大野雄大(31)も調査する可能性がある。 「昨季はノーヒットノーランを達成するなど防御率2・58で初タイトルを獲得した。巨人は投手陣に不安を抱えている。FA補強は2人まで可能なので、実績のある左腕は獲得しておいて損はないと手を挙げる可能性が高い。大野雄も山田哲同様、昨オフに3年契約を蹴り1年契約を結んでいる。行使の可能性は十分ありそうです」(中日OB)  大野雄には年俸2億円の2、3年契約で総額は5億~7億円。巨人は2年がかりで合計60億円規模の超大型補強を敢行するようだ。

【関連記事】