Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ネット通販不慣れなキューバ、コロナで利用急増もトラブル続出

配信

AFP=時事

【AFP=時事】新型コロナウイルス流行によるロックダウン(都市封鎖)の最中、電子商取引で世界に追いつきたいキューバ共産党の指導部はネット通販の利用を奨励したが、結果、多くのユーザーを怒らせることになった。 【写真】受け取った商品を確認する女性

 新しいテクノロジーに関するブログを主宰している首都ハバナ在住の技術者、ホルヘ・ノリス(Jorge Noris)さん(34)が初めてオンライン・ショッピングで注文した品は、結局手元に届かなかった。「1か月たって、注文の品が届いたかどうか尋ねる電話が店からあった」。返金を受けるために、店頭まで行かなければならなかったのも驚きだった。

 新型ウイルス流行の影響で、食品のオンライン通販は世界中で大盛況だ。だが、2018年に第3世代(3G)移動通信システムが本格展開したばかりのキューバでは、「トゥエンビオ(Tuenvio)」というオンラインストアが立ち上がっただけで、オンライン通販自体がまだ新しい。

 一方、米国による経済制裁下で品不足のキューバでは、食品店の前の長蛇の列は日常的な光景だ。トゥエンビオの目標はこの憂鬱(ゆううつ)な列を葬り去ることだったが、今やネット通販を利用した消費者らが苦情を言ったり、行方不明の品物を受け取ったりするために実店舗の前に列をつくっている状況だ。

■医療関連より多かった苦情

 キューバのミゲル・ディアスカネル(Miguel Diaz-Canel)大統領は、テレビで新たなシステムの欠陥を認めざるを得なくなった。「パンデミック(世界的な大流行)の間、医療に関する苦情よりもオンライン・ショッピングに関する苦情の方が多く寄せられた」

 人口1100万人超のキューバの新型コロナウイルスによる被害は、感染者2588人、死者87人(7月30日時点)と比較的抑えられている。それに対し、ネット通販の方は「現実が許容量を超えてしまった」とディアスカネル氏は述べた。

 オンラインストアのトゥエンビオにとって、ショックは大きかった。政府がロックダウンを命じる前、同サイトの1日当たりのビジター数は数百人だったが、発令後は8000人まで増えた。2月にはわずか1300件超だった注文数も、3月には6000件、さらに5月は前半だけで7万9000件近くまで急増した。

【関連記事】