Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アベマTV、巣ごもりで視聴者1400万人突破の訳

配信

東洋経済オンライン

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けた外出自粛により、「巣ごもり需要」に注目が集まっている。特に多くの動画配信サービスがめざましい成長を遂げている。 この記事の写真を見る  アプリ分析ツール「App Ape」によれば、トップを独走するのが「Amazonプライム・ビデオ」。そしてその後を追うのが、サイバーエージェントとテレビ朝日が合弁で展開するインターネットテレビ局の「ABEMA(アベマ)」(4月にAbemaTVから改称)だ。

 ニュースやドラマ、格闘技、将棋、麻雀など、約20のチャンネルを抱え、テレビのようにつねに番組を流し続けている点で、他の動画配信サービスとは異なる。サイバーエージェントの藤田晋社長は2016年4月の開局当初、広告で収益化できる週間アクティブユーザー数の目標として1000万人を掲げ、2019年に初めてその大台を突破した。2020年3月以降も外出自粛が追い風となり、4月初めには過去最高の1490万人を超え、その後も伸び続けている(最新の最高値は未公表)。

■ニュースチャンネルが成長を牽引  その中でもユーザーの伸びを牽引するのが、ニュースチャンネル「ABEMA NEWS(アベマニュース)」だ。平日夜9時からの看板情報番組「ABEMA Prime(アベマプライム)」のほか、緊急の記者会見はノーカットで放送。「何かあったらアベマを見るという視聴習慣を作り出すことができた」(藤田社長)。  「アベマという新しいメディアを立ち上げるにあたって、ニュースをきちんと届けることが必要だと考えていた。ニュースチャンネルを作るには、やはり既存の映像メディアのノウハウが必要。テレビ朝日と組んだ理由はそこにある」と、ABEMA NEWSの山本剛史・チャンネルプロデューサーは振り返る。番組制作はテレビ朝日が担い、サービスの開発やユーザーの拡大施策、宣伝やマーケティングはサイバーエージェントが担当してきた。

【関連記事】