Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

藤原正彦氏 コロナで気づいた「TVはつまらない、本が必要」

配信

NEWS ポストセブン

 緊急事態宣言が解かれても、「急に出歩いていいのだろうか」「もし周りに迷惑をかけてしまったら」と不安は尽きない。そんな中、“アクティブシニア”たちは、コロナ後の世界をどう過ごすのか。『国家の品格』著者でもある作家で数学者の藤原正彦氏(76)が語る。

 * * *  今は部屋にこもり、原稿を書いたり、次に取りかかる作品の資料を読んだりして日々を過ごしています。数学者や作家は一匹狼だから、仕事面ではとくに影響はありません。

 ただ、今回のコロナ騒動によって気づいたことがあります。「テレビはつまらない」ということです。報道番組は国民の不安を煽ることしかせず、バラエティ番組ではコメディアンが自分たちだけでふざけて大笑いしているだけで全く面白くない。観る価値がないと思いました。

 そこで改めて感じたのが、「読書の必要性」です。私は20~40歳の頃までは数学者として数学の本ばかり、その後は作家として書くのに必要な本ばかりを読んできた。本当に読みたい名作や名著は20歳頃までしか読んでこなかったのです。

 そこで、今が“コロナチャンス”だと思い、若い頃から読みたいと思っていながら、最近まで手をつけられなかった本にトライしています。女房は3~4月で、吉川英治の『新・平家物語』全16巻を完読してしまいました。

 決断や覚悟をすることができない日本の政治家や、政治家に“忖度”ばかりしている官僚たちには幻滅していますが、彼らには教養が足りないのではないでしょうか。

 教養がなければ大局観が生まれません。国民全員が読書して自らの教養を高め、大局観をつけることで、“良い政治家”を選ぶことにもつながります。

 高齢者は、これまで家族のために一生懸命働いてきて、じっくり読書をする時間がなかった人も多いでしょう。これからは読書をすることで、自分という人間が世界や歴史のなかで、どういう「位置」にいるかを死ぬ前に知っておくべきだと思います。そうすれば、残された人生をどう生きるかという指針も考えることができる。

【関連記事】