Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

手仕事の美しさをウエアに「itobanashi」期間限定ショップ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ファンファン福岡

 手縫いのインド刺しゅうを生かしたワンピースやストールがそろう「itobanashi(イトバナシ)」のポップアップ(期間限定)ショップが9月23日(水)~29日(火)、大丸福岡天神店(福岡市中央区)にお目見えします。

色鮮やかで高級感漂うシルクのスカーフ  手縫いのインド刺しゅうを生かしたブランド「itobanashi」の期間限定ショップが、天神(福岡市中央区)にお目見えします。福岡での出店は3年ぶり。百貨店での展開は今回が初めてです。  ブランド名には「刺しゅう職人から洋服を手に取る人までが、ストーリーの登場人物としてきちんと登場できるようなブランドでありたい」という意味が込められているそうです。

一つずつ丁寧に手仕事  同ブランド代表の伊達文香さんはインドに行き、デザインなどを細かく打ち合わせ。手紡ぎした糸を使った細やかな刺しゅうは、手仕事ならではの風合いや温かみがあります。  「歴史や文化によってさまざまな技法やデザインが生み出されてきた刺しゅうは、地域に息づく暮らしを色濃く反映しています。刺しゅうの奥深い魅力を発信していきたい」と伊達さん

伝統を守り伝える刺しゅう職人  生地は、さらりとした快適な着心地のインド綿や、軽量で保温性があるインドシルクなど。湿気に強く汗を良く吸い取り、通気性に優れています。

着心地の良いワンピース  今回展示販売されるアイテムは、ブラウスやワンピースなどオールシーズン使える定番シリーズが中心。2020年秋冬の新作ストールのシリーズも披露されます。首元を華やかに彩るストールは、フォーマルな場や普段使いまで多くのシーンで使えて重宝しそうです。  ファッションのアクセントを見つけに、ショップに足を運んでみては。

代表兼デザイナーの伊達さん <伊達文香さんプロフィル>  1991年生まれ、奈良県出身。広島大学在学中、初めて訪れたインドで職人の手仕事に感動。2015年、広島大学大学院を休学しインドへ。現地NGOと共同でファッションショーを開催。インド各地の刺しゅうの生産地を訪れる。帰国後「途上国から良いものを届ける」を理念としアパレルブランド「itobanashi」をスタート。17年、法人「イトバナシ」(奈良県五條市)設立。フェアトレードを広め、現地の生産者サポートにも積極的に取り組む。

itobanashi ポップアップショップ

日時:9月23日(水)~29日(火) 10:00~20:00 場所:大丸福岡天神東館1階 (福岡市中央区天神1-4-1) 問い合わせ:大丸福岡天神店 電話:092-712-8181

【関連記事】