Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

SEKAI NO OWARIのグローバルプロジェクト・End of the Worldが新曲発表。英SSWガブリエル・アプリンが参加

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
rockinon.com

SEKAI NO OWARIのグローバル展開を目的としたプロジェクト・End of the World(エンド・オブ・ザ・ワールド)が、新曲“Over ft. Gabrielle Aplin (R3HAB Remix)”を発表し、あわせてリリックビデオを公開した。 同曲は、昨年のクリーン・バンディットとのコラボ曲“Lost”以来の新曲。誰もが持つ恋愛の痛みを歌い上げた楽曲になっており、Fukaseの切ない歌声と掛け合うように恋愛の終わりを嘆く女性ボーカルとして、イギリスの実力派シンガーソングライター、ガブリエル・アプリンがフィーチャーされているとのこと。 また、今回はオリジナルバージョンに先駆けてのリリースとなり、スポティファイにてフォロワーが200万人、月間リスナーが2300万人を越えるオランダ出身のDJ、R3HAB(リハブ)がリミックスを手掛けている。このコラボレーションは「サマーソニック2019」のミッドナイトソニック・スポティファイステージにてメンバーとリハブが意気投合したことにより実現されたという。なお、オリジナルバージョンは追って公開される。 ●リリース情報 End of the World『Over ft. Gabrielle Aplin (R3HAB Remix)』 配信中 購入・再生リンクはこちら エンド・オブ・ザ・ワールド オフィシャルサイト

rockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

【関連記事】