Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

今おすすめのテレビってどれなの?米国人気メディアが本気で選んでみた

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ギズモード・ジャパン

いっぱいあるけどどれがいいの? テレビの選び方って、人それぞれですよね。とことん画質にこだわる人、ストリーミングを普通に見れれば良いという人、ゲーミングに最適なテレビが欲しいという人....いろいろな意見があるかと思います。 【全画像をみる】今おすすめのテレビってどれなの?米国人気メディアが本気で選んでみた スペースや予算を考慮したうえで、今ベストなテレビはどれか? 小さな寝室用から最高峰の画質を提供するテレビまで、さまざまなガジェットを徹底比較したうえでオススメをバシっと言い切ってくれることで定評のある米国メディア「Wirecutter(from The New York Times)」が何百時間(!)かけてリサーチとテストを行なった結果を公開しています。

総合ベストなテレビ:Sony X950G

※日本ではX9500Gに相当します。 多様なサイズで優れた画質、ユーザーインターフェイスを提供。 長所: ・10万円以上のテレビと並ぶほど、正確な色合いで明るくクリーンな画質。 ・統合されたTVチューナー、すべてのメジャーなストリーミングサービスに対応したAndroid TV装備 ・Googleアシスタントによる音声コントロール 短所: ・テレビと同じくらい幅広の壁 / 台に設置する必要あり 手ごろな価格でゲットできるテレビを探している人は、いま出回っているLCD / LEDテレビのなかでSony X950G(55、65、75、85インチ)をオススメします。 では、さらに優れたパフォーマンス、もっと手ごろな価格、昼間のスポーツに適したもっと画面の明るいテレビ、あるいはもう少し小さなサイズのものを検討しているという場合には...? それぞれのニーズに合ったベストなテレビを以下にまとめます。

価格よし、画質よし:液晶/LEDテレビ

ミッドレンジ液晶/LEDテレビが向いているのは: ・リーズナブルな価格で高品質なテレビを探している人。良いテレビは、優れた画質、安定した画像プリセットモード、簡単な画面ナビゲーション、1,500ドル未満で豊富な入力端子を提供。 向いていないのは: ・'できるかぎり最高'の画質を求めている人。OLED TVはより高価にはなるものの、完璧な黒と明るいハイライトを備え、クリアでリアルな画像を提供。 ・予算が限られている人。画質を妥協しても節約したいという人は、後半に紹介する格安テレビの欄へ。 ・スペースが限られている人。部屋の隅に小さなテレビを置きたい場合、32インチががオススメ。 いまベストな液晶/LEDテレビ:Sony X950G ※日本ではX9500Gに相当します。 選んだ理由:フルアレイのローカル調光バックライトのおかげで、優れたコントラスト比を提供。これにより深い黒を生成し、120Hzのリフレッシュレート相当でよりクリーンでスムーズな動きを実現します。 HDR10とDolby Visionのハイダイナミックレンジコンテンツをサポートし、明るいピークハイライト、Ultra HDコンテンツでより幅広い色域をサポート。ビデオ処理が優れていて他モデルよりも歪みが少なく、ストリーミングコンテンツの映りも良いのがわかります。 画面サイズは、55、65、75、85インチ。小さいサイズ2つは、特にコントラスト比が優れていて、大きいほうは視野角に優れていますが、どちらもオススメできます。 AndroidスマートTVインターフェイスは、これまでのSonyのテレビと比べてもより良いのがわかる一方で、X950Gはゲーミング向けで重要になるHDMI 2.1機能に対応していません。 気になったところ:X950Gの脚部分がなかなかスペースを取るため、小さなテーブル台には収まりづらいかもしれません。ケーブルを隠すためのケーブル配線が付いていますが、中央スタンドの使用をオススメします。このようなデザインは、今年多くのテレビに採用されていて、なかにはこれよりもっとスペースを取るものも。 X950Gがサポートする唯一のHDMI 2.1機能としては、eARCがあります。最新テレビには、可変リフレッシュレートや自動低遅延モードなどのHDMI 2.1ゲーム機能が含まれているものもあり、簡単に最高のゲームパフォーマンスを得ることができます。 画面サイズ:55、65、75、85インチ HDMIポート: 4基 Smart OS: Android TV

【関連記事】