Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

半年ぶりの試合に水谷隼「仕上がっている」 ドリームマッチに自信

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Rallys

<2020 JAPAN オールスタードリームマッチ 9月14日> 卓球Tリーグは10日、オンライン記者会見を開催し、14日に行われる「2020 JAPAN オールスタードリームマッチ」出場選手たちがコメントを発表した。 【写真】オンライン記者会見に臨む張本智和

第1部は日本代表選抜 vs Tリーグ代表選抜

ドリームマッチは、第1部の日本代表選抜 vs Tリーグ代表選抜、第2部の日本代表男子 vs 日本代表女子の2部構成で行われる。第1部は、男子シングルス5試合(Tリーグ代表1名が2回出場)、女子シングルス4試合(日本代表1名が2回出場)の計9試合が11本先取の1ゲームマッチ(デュース無し)で実施される。 第1部の試合に向け、日本代表選抜5名、Tリーグ代表選抜3名(田添響は欠席)が意気込みを語った。 3月のカタールオープン以来、半年ぶりの試合となる丹羽孝希(スヴェンソン)は「試合ができることを嬉しく思っています。NT(ナショナルチーム)合宿をやり込んでいるので、すごく良い状態で試合に臨めると思います」と順調な調整ぶりを明かした。 また、張本智和(木下グループ)は、「思う存分9月14日は卓球を楽しんでいただけたらいいなと思います。(1ゲームマッチは)勝つ負けるよりも楽しむことを大事にしたい」と意気込んだ。「仙台の実家で半年間練習していて、得意のバックハンドをもう一度見つめ直した。今まで以上に良いバックハンドを打てるように練習してきました」と成長した姿を試合当日は見せてくれそうだ。 水谷隼(木下グループ)は、「非常に試合が恋しく感じています。自分の状態も非常に良いので、皆さんに素晴らしいプレーを見せられるんじゃないかと思っています。1ゲームマッチは約時間にして4,5分だと思うので、少しでも長くプレーできたら」とファンへコメントを送った。 さらに水谷は「今年はオンとオフを上手く切り替えながら、練習と休養をしっかりとって良い状態になっています。来年の五輪に向けて今は仕上がっている状態です」と腰痛など怪我に苦しめられた昨年と違い、万全の状態であることをアピールした。 その他の男子選手のコメントは以下の通り。

【関連記事】

最終更新:
Rallys