Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

久保建英の起用法をビジャレアルの「最新序列」から紐解く!ライバルや他のポジションの顔ぶれは?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
SOCCER DIGEST Web

久保の現在の立ち位置は?

 注目は久保が絡んでくる攻撃陣だ。前線2枚は、CFに得点嗅覚に優れたパコ・アルカセル、やや下がり目に昨シーズンのチーム得点王(18点)であるジェラール・モレーノというのが現状のレギュラー候補。よって、プレシーズンマッチで主にセカンドトップで起用された久保は、ジェラールのバックアッパーという位置づけだ。ジェラールが最前線、その後方に16番が入るパターンもあるだろう。  久保がマジョルカ時代に主戦場にしていた右サイドは、ライバルのサミュエル・チュクウェゼが好調だ。個の打開力が武器のナイジェリア代表アタッカーは、プレシーズンにアシストを連発。周囲との連係にも成長が見られ、現時点では明らかに久保よりも結果を残している。  もっとも混沌としているのが左サイドだ。プレシーズンに出番の多かったモイ・ゴメスも、加入2年目のハビエル・オンティベロスも決め手を欠く。久保もレギュラー争いに加わる余地が十分にあるが、プレシーズンマッチで左サイドでプレーした際に、完全に消えてしまったため印象は良くない。  いずれにしても、2列目ならどこでも機能する久保であれば、先発でなくても出番は少なくないだろう。また、ミッドウィークに開催されるELでは、スタメンの可能性は高い。そこでアピールできるかどうかが、定位置奪取のポイントとなる。  マジョルカでも、加入当初は出場機会が限られていたが、シーズン終盤は攻撃の中心を担っていた。プレシーズンでの物怖じしない堂々たるプレーを見る限り、強豪のビジャレアルでも、同じことが起きてもおかしくはない。 構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【関連記事】