Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

カウンタック派? それともBB派?スーパーカーブームのはじまりはロータス「ヨーロッパ」

配信

くるまのニュース

すべては、『サーキットの狼』からはじまった

 日本におけるスーパーカーブームは、おおむね3つの世代に分けることができる。  ひとつは1970年代中盤に巻き起こった第一次ブームで、そのブームを支えたのは、スーパーカーはおろか、クルマを運転することなどできない少年達だった。 【画像】風吹、早瀬、沖田、ピーターソンらの愛車を写真で見る!(44枚)

 第一次スーパーカーブームを巻き起こした原動力となったのは、1975年に週刊少年ジャンプで連載が始まった、池沢さとし氏(現・池沢早人師氏)による『サーキットの狼』で間違いない。  その主役である風吹裕矢が駆るロータス「ヨーロッパ」が、当時のスーパーカーと公道上や、あるいはサーキットで戦いを挑むところに始まり、風吹裕矢もライバルもマシンをグレードアップするなかで、世界のスーパーカーが続々とレースの世界に登場するという内容だった。  ブームの頂点は1976年から1977年にかけてで、『サーキットの狼』のストーリーが、公道レースから、徐々にスーパーカーの登場しないリアルなレースへと変化してくると、それも理由のひとつになったのだろう、第一次スーパーカーブームは静かにその幕を下ろしたのであった。  第一次スーパーカー・ブームで人気となったモデルは、どれもそのファースト・コンタクトから全身を打ち抜かれるような美しさ、というよりもカッコ良さを感じさせてくれた。  多くの少年にとって、『サーキットの狼』でその存在を知り、雑誌やTV番組でさらにそのカッコ良さに打ちのめされ、運が良ければスーパーカー・ショーが自分の地元に回ってくるという、そのわずかなチャンスに一喜一憂し、少年達は生のスーパーカーとコンタクトするという夢を追い続けたのだ。

スーパーカーのスペックで口プロレスするのが、楽しみだった!

 第一次スーパーカーブームの主役は、もちろんフェラーリとランボルギーニ、そしてポルシェとロータスといったところだった。

 フェラーリならば12気筒モデルの「365GT4/BB」に流麗な6気筒の「ディーノ246GT」と、当時最新8気筒の「308GTB」あたりとなる。ランボルギーニなら、何といっても一番人気は「カウンタックLP400」だが、「ミウラ」にも熱狂的なファンは多かった。  ポルシェなら「930ターボ」か「カレラRS」。ロータス・ヨーロッパは風吹裕矢の愛車だから、これは絶対的なスーパーカー・ショーの主役であり続けた。  このような陣容の中で常に頂点にあったのは、やはりフェラーリ365GT4/4BBと、ランボルギーニ・カウンタックLP400の直接対決だった。  どちらの姿カタチがカッコ良いかの議論は終わるところを知らず、ならば最高出力で勝負しようと思えば、フェラーリの380psに対してランボルギーニは375ps。最高速に至っては、フェラーリが302km/h、ランボルギーニは300km/hと、わずか2km/hだけ、カウンタックは365GT4/BBに届かなかった。  ブームの中ではまだ、このオーバー300km/hの最高速を実際に計測する方法も、またそれを実行しようというプランも生まれなかったから、これらの数字はまさに当時のスーパーカー、その究極的存在の2台にのみ許された究極的な数字にほかならなかった。  そして1977年の夏が過ぎた頃から、スーパーカーは徐々にその存在感を少年達の中から薄れさせていくことになる。だが世界の自動車メーカー、特にヨーロッパの自動車メーカーでは、その間にもより高性能なモデルを市場へと投じるためのプロジェクトが進められていた。  1987年、フェラーリが創立40周年を記念してデビューさせた「F40」。そしてそれに前後して誕生したポルシェのハイテク・マシンである「959」。これらに始まる第二次スーパーカー・ブームが始まるのだ。  その主役は第一次ブームが子供であったのに対して、第二次ブームは大人。生産台数の限られた貴重なスーパーカーをめぐる取引と価格高騰も、このブームでは見られるようになったのが特徴だ。

山崎元裕

【関連記事】