Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

インドにおけるポストTikTokの座を巡る競争、インスタや地元アプリが参戦

配信

AMP[アンプ]

インドに続く国が出てくるのか?TikTok禁止を巡る情勢

このところ中国関連ニュースの増加に応じて、TikTokに関する話題も増えている。 直近で大きく報道されたのは、インドにおけるTikTokを含めた中国製アプリ禁止令だろう。2020年6月29日、係争地での衝突を受け、インド当局は、主権と安全保障への脅威であるとして、TikTokなど59個の中国製アプリを利用禁止にした。 中国国営メディアGlobal Times(2020年7月1日)は、インドにおけるTikTok禁止で、同アプリを運営するByteDanceは、60億ドル(6420億円)以上の損失を被る可能性があると報じている。ByteDanceに近い情報筋によると、この数年同社はインド市場開拓に10億ドル(約1070億円)以上を投じてきたとのこと。 インドでは2019年に、TikTokの不適切動画や子供の性的被害拡大の懸念から同アプリが一時的に禁止される事態になったこともある。 インドに続き、米国やオーストラリアでもTikTok禁止を検討しているとの報道もある。また人口2億人を超えるパキスタンがTikTokの卑猥動画を強く非難し、内容の取り締まりを要求する「最後通告」を出したともいわれている。オーストラリア紙ABC Newsは2020年7月8日に、TikTokが世界中で反発を受けているとの記事を出しているが、7月末時点、その動きは強まっているような印象だ。 この動きにともない、ポストTikTokの座を巡る競争が起こりつつある。

先陣を切るのはインスタグラム。独自の新機能「Reels」をインド市場に投入し、ユーザーの拡大を狙っている。Techcrunchなどによると、インドにおけるTikTok利用者数は2億人だった。TikTok不在により生まれた2億人分の空白を埋めに行く算段だ。 Reelsはインスタグラムの短編動画シェア機能。CNNによると、インスタグラムは2019年11月から、同機能をブラジルで試験投入し、その後フランスとドイツに拡大したという。この新機能では、音楽に合わせて15秒の動画を記録し、インスタグラムのストーリーでシェアできるもの。インスタグラムを提供するフェイスブック社は、インスタReelsに注力するため、フェイスブック機能として開発していた短編動画シェア機能「Lasso」を閉鎖するという。 CNNの7月8日時点の情報では、インスタReelsのグローバルリリース日程は未定とのこと。まずは、TikTokがいなくなった市場でユーザーベースを広げる計画のようだ。 ちなみにインドの2019年におけるネットユーザー数は4億5100万人、全人口13億人のうち33%にとどまる割合だ(インド・ネット・モバイル協会調べ)。Cisicoによると、インドのネット普及率は2023年に64%に拡大し、利用者は9億人に達する見込み。同国は若年層が多く、ソーシャルアプリ利用率も他国に比べ高いことが想定され、動画シェアアプリの伸びしろは非常に大きな市場だ。将来的な機会損失を考慮すると、TikTokの損失はGlobal Timesで指摘されるもの以上なのかもしれない。

【関連記事】