Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

相島一之が再放送最終週の副音声を担当、本放送再開に向け「音楽の力で乗り越えて!」<エール>

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

窪田正孝主演、二階堂ふみがヒロインを務める連続テレビ小説「エール」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)は、6月29日から出演者による解説(副音声)付きで再放送中。9月7日からの再放送11週目(第61~65回)は、相島一之が解説を担当している。 【写真を見る】川俣銀行の行員たちをまとめるリーダー的存在である落合吾郎(相島一之) 同ドラマは、「栄冠は君に輝く~全国高等学校野球大会の歌~」など数々の名曲を生み出してきた昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而氏と、妻で歌手としても活躍した金子(きんこ)氏をモデルにした、音楽と共に生きた夫婦の物語。 相島が演じているのは、裕一(窪田)が勤めていた川俣銀行の支店長・落合吾郎で、行員たちをまとめるリーダー的存在。 相島が副音声を務める再放送11週目「スター発掘オーディション!」では、安定した作曲家生活を送るようになった裕一が、廿日市(古田新太)からオーディションで発掘する新人歌手のデビュー曲の作曲を依頼される。そこで裕一は、いまだ歌手デビューできていない久志(山崎育三郎)にオーディションへの応募を勧める。 一方、かつて音(二階堂)に歌を教えていた御手洗清太郎(古川雄大)も上京し、2人は一つの合格枠を巡ってライバル心を燃やす、というストーリーが描かれる。 なお、同ドラマの再放送は9月11日(金)までとなり、9月14日(月)からは本放送が再開される。 ■ 相島一之コメント 相島は、「『エール』の登場人物は皆家族か親戚みたいな気持ちで見ていたので副音声でも落合さんの気持ちが漏れているかもしれません。古山裕一くんと音さんのお話をちょっとお休みして佐藤久志くんのストーリー。村野鉄男(中村蒼)くんとの福島三羽ガラスもいいし、ミュージック・ティーチャー御手洗清太郎くんとの龍虎の闘いも最高です。みなさんどうかお楽しみに!」とアピール。 さらに、本放送再開に向け、「いよいよ、いよいよ『エール』本放送再開です!!いやぁ、待ってたよ!これからしんどい時代に突入するのでしょうが、音楽の力で乗り越えて!」とエールを送った。(ザテレビジョン)

【関連記事】