Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

認知症発覚の蛭子能収、改善プロジェクトが始動「いつまでも働いてお金を稼ぎたい」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ENCOUNT

10月1日「主治医が見つかる診療所3時間半スペシャル」 “認知症改善プロジェクト”が始動

 テレビ東京は10月1日、医療バラエティー番組「主治医が見つかる診療所3時間半スペシャル~蛭子能収 認知症改善プロジェクト!~」(午後6時25分)を放送する。今回のゲストは、認知症が発覚した漫画家の蛭子能収。芸能活動の続行を宣言した蛭子のために、認知症の進行を抑えて症状を改善するべく、“認知症改善プロジェクト”がスタートする。 【写真】東野幸治といま話題の最新スポットを巡り笑顔の蛭子能収  認知症診療の専門病院で検査した結果、認知症と診断された72歳の蛭子。「いつまでも働いてお金を稼ぎたい!」という蛭子の意をくみ、今回のプロジェクトが始動した。蛭子が東野幸治や豪華ゲストとともに、いま話題の最新スポットを巡り、簡単で楽しめる脳育に挑戦。お台場では、昭和30年代の下町を再現したスポットで、懐かしの駄菓子やレトロゲームを使って脳を活性化する方法を紹介する。  そのほか、インフルエンザが流行する季節に向け、新型コロナウイルスとのダブル流行を防ぐために、どう対処すればいいのか、感染症のスペシャリストたちが気になる疑問を徹底解消する。「うがい」「手洗い」「アルコール消毒」「換気」などのテクニックを公開予定だ。  榊原郁恵、斉藤暁、槇原寛己、川島明(麒麟)、ゆいP(おかずクラブ)、鈴木奈々ら多彩なゲストが出演する。

ENCOUNT編集部

【関連記事】

最終更新:
ENCOUNT