Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

羽生善治九段、五分の星に戻せるか 3連勝中の斎藤慎太郎八段と白熱の夜戦へ/将棋・順位戦A級

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 将棋の順位戦A級4回戦が10月1日に行われ、羽生善治九段(50)と斎藤慎太郎八段(27)が現在対局中だ。横歩取りで始まった対局は、午後6時からの夕食休憩を経て夜戦に突入。形勢は互角、残りの持ち時間でも大きな差はついていない。 【動画】対局の様子  28期連続A級以上の羽生九段に、今期初のA級参加の斎藤八段が挑むという構図となったこの対局。羽生九段は今期1勝2敗、斎藤八段は3連勝と、前半3局までは明暗を分けている。A級は10人参加の総当たり。名人挑戦は1人、降級は2人だが、昨期は4勝5敗で6人が並び、前年成績を元にした順位がもっとも低かった木村一基九段(47)が降級するなど、厳しい戦いは最後まで続く。  3回戦を終えたところで、無傷の3連勝は斎藤八段ただ一人。本局を含め、これからも強豪棋士との対局が続くが、どこまで星を伸ばせるか。羽生九段にとっては、まずは29期連続となるA級以上を目指すために、早めに五分に戻したいところだ。  両者の対戦は過去に6回あり、羽生九段の5勝1敗。本局の持ち時間は各6時間で、先手は斎藤八段。 【夕食の注文】 羽生善治九段 山かけそば 斎藤慎太郎八段 豚しゃぶカレー 【夕食休憩時の残り持ち時間】 羽生善治九段 2時間48分(消費3時間12分) 斎藤慎太郎八段 2時間28分(消費3時間32分)

【関連記事】