Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「認知症が進行」「子どもの免疫が育たない」 コロナ対策のさまざまな弊害とは

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリー新潮

孤独の方が健康に悪い

 8月に厚労省が発表した「人口動態統計」によると、今年5月、6月の死者数は昨年より減少している。このことと、政府が新型コロナのピークアウトを認め、対策を方針転換すると発表したことを併せて考えると、我々は必要以上にコロナを恐れる必要はないのではないか。今後、これまでのコロナ対策を科学的知見に基づいて検証する姿勢も求められるだろう。  ***

 医師で医療ジャーナリストの森田洋之氏はこう語る。 「緊急事態宣言の発出、経済的自粛、移動制限などに、どんな効果があり、どんなデメリットがあったか、検証されるべきです。日本人は民度が高いから感染が抑えられた、という漠たるイメージのまま、結果オーライで終わらせようという流れを感じますが、それはとても危険です。人の命を守った、という触れ込みになっていますが、経済停滞によって自殺者が増えるかもしれない。それも射程に入れて検証すべきです」  また、森田氏は別のデメリットも指摘する。 「ソーシャルディスタンスは、社会にとって大変なデメリットがあります。健康に悪影響をおよぼす因子として、酒、たばこ、肥満などが挙げられますが、医学的には、孤独のほうが圧倒的に健康に悪い、というデータが出ていて、特に高齢者にその傾向が強い。しかも、日本の高齢者は海外とくらべても孤立している割合が高く、特に奥さんに先立たれた男性は、1、2カ月、だれとも話さないケースも多いそうです」  そうした実例を、循環器科、心療内科医で、大阪大学人間科学研究科未来共創センター招聘教授の石蔵文信氏が挙げる。 「最近、私が診ている高齢男性が、認知症が悪化して自宅近くの通いやすい医院に移られました。コロナを恐れて家も出られない、という方が多く、この方がわずか1カ月ほどで悪化してしまったのも、そのせいだと思います。高齢者を守るために若者の生活を犠牲にしてきましたが、いまは守られていたはずの高齢者も弱ってきています」

【関連記事】