Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

下水からコロナ検出 県立大、第2波予測に期待

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
北日本新聞

 富山県立大工学部の端昭彦講師らの研究グループが、富山、石川の両県内の下水処理場の下水から、新型コロナウイルスの遺伝子を検出することに成功した。下水調査により、感染流行の第2波の予測が期待できる。同大が16日、発表した。  新型コロナウイルスは感染者の便に混じり、下水から検出される。無症状や軽症の人の便からも検出されるため、下水のウイルス濃度を測定することで、感染状況の把握や予測が可能になると考えられる。  研究グループは3月5日~4月24日、富山県1カ所と石川県3カ所の計4カ所の下水処理場で、週に1回程度、処理前の下水を採取しPCR検査をした。27のサンプルのうち、7つから陽性反応が出た。  両県で感染が増え、人口10万人当たりの患者が10人以上となった4月中旬ごろから、検出量も増加した。  富山県の1カ所を追加し、今秋まで採取を続け、分析や測定方法の確立を目指す。端講師は「流行を予測するための有効な手段として実用化させたい」と話している。

【関連記事】