Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ホンダCB1000RベースのCBR1000R/CB1000Xに期待【バイク近未来予想】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEBヤングマシン

環境規制の端境期にあり、世代交代の節目を迎えているバイク。ラインナップに大変動が起きるのは必定だ。そこでヤングマシン創刊48年の知恵とカンをベースに、願望&妄想も織り交ぜながら、バイク未来予想を導き出してみた。本ページでは、ホンダが軽量&パワフルな直4ネイキッド・CB1000Rをベースに多彩なジャンルに展開すると予想する。 〈関連写真×11枚〉ホンダCB1000RベースのCBR1000R/CB1000Xに期待【バイク近未来予想】

手頃な価格で多くのニーズへ。CB1000Rがさらに分身?!

軽量パワフルな上に、汎用性の高い車体構成を持つホンダの直4ネイキッド=CB1000Rは、本特集で既に取り上げた「CB988F」だけに留まらず、多彩なジャンルのプラットフォーム展開に最適とヤングマシンでは考えている。 〈写真02〉【ベース車両:ホンダ CB1000R】バックボーンフレームと水平吸気ユニットはデザインの自由度が高く、着せ替えが容易。走りは軽くしなやかで、エンジンも元気だ。 まず真っ先に妄想するのは「CBR1000R」。CBのフルカウル仕様で、’19年に発売されたCB650R/CBR650Rと同様に兄弟車の関係となる。かつて’80~’90年代に快速スポーツツアラーのCBR1000Fが存在したが、従来のCBR650FがCBR650Rへ新生したように、万能ながら攻めも許容するキャラになるハズ。実現すれば、ニンジャ1000SXの対抗馬として人気を博しそうだ。 さらにクロスオーバーの「CB1000X」にも期待したい。これは、CB1000Rに脚長サスを履かせ、ハーフカウルを装着したモデル。並列2気筒のアフリカツインに対し、高速クルーズに特化した1台となるだろう。’19年秋にCB650Rベースでコンセプト車が披露されており、可能性はあるかも? なお、現行CB1000Rはまだユーロ5に適合しておらず、近々マイナーチェンジ&規制対応が予想される。よって、その後に派生モデルを発売すると考えるのは合理的。ベース車が共通ならコストを抑えられ、価格ダウンも期待できるのだ。

【関連記事】