Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

前橋に大阪の味「ミックスジュース」登場 いか焼きバー、テークアウトも

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなの経済新聞ネットワーク

 ダイニングバー「いか焼き剣々」(前橋市古市1、TEL 027-289-5281)で大阪の味「ミックスジュース」が楽しめる。(高崎前橋経済新聞) 【写真】大阪のソウルフード「とんぺい焼き」  いか焼き剣々は大阪府堺市出身の中谷悟さんが2018年6月に開いた。大阪のソウルフード「いか焼き」「とんぺい焼き」「串カツ」でビールやサワー、ハイボールを1杯。メニューは100円からと千ベロもオーケーの庶民的な雰囲気が人気を集め、順調に売上を伸ばしてきた。  しかし、2周年を目前に新型コロナの影響が。中谷さんは「3月からダメージが出始めた。一時は振り出しに戻った状況」と振り返る。  そんな中、新前橋駅前に7月にオープンしたバナナジュース専門店が好調なことから「子どもの頃から飲んでいた大阪の味、ミックスジュースはどうだろう」とすぐに商品開発を始め、8月4日に提供を始めた。  ミックスジュースはバナナと3種類のフルーツ、牛乳などで作る生ジュース。バナナを強く感じるがバナナだけの味ではない。「バナナ以外に何が入っているか当ててみて」という話題も大阪流の楽しみ方。  中谷さんは「脱サラして大阪のソウルフードの店を開こうと愛知、静岡、神奈川、千葉、茨城もネットで物件を探し、駅・学生・ビジネスマンと3拍子そろった新前橋のこの場所が気に入った。思った通り道行く人があたたかく親切な人が多い。これからもここで頑張る」と力を込める。  「ミックスジュース」(350円)。フードは「いか焼き」(200円)、「いか焼きDX」(250円)、「とんぺい焼き」(490円)、「串カツ」(100円~)など約40種類。いずれもテークアウトに対応。  営業時間は11時30分~23時。月・第3火曜定休。

みんなの経済新聞ネットワーク

【関連記事】