Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

グーグルの「Pixel 4a」は、価格を考えれば“完璧”に近いスマートフォンに仕上がっている

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WIRED.jp

これ1台でOK?

Pixelシリーズのスマートフォンの最も素晴らしいところは、セキュリティ関連のアップデートとAndroidの最新ヴァージョンへのアップグレードが、Androidの開発元であるグーグルから直に提供される点だろう[編註:一般的なAndroid端末の場合、グーグルが開発した最新OSやアップデートを端末メーカーが最適化してから配信する。このためメーカーによってタイムラグに差が生じる]。 このサポート期間は、アップルがiPhoneに5年以上にわたって最新OSを提供し続ける取り組みとは、比べ物にならない。それでも、ほかの多くのAndroid端末(特に安価なもの)よりはずっと長い。 ただし、年内には次期フラッグシップの「Pixel 5」と、5Gに対応したPixel 4aが発売される予定であることも知っておきたい(おそらく10月ごろの見通しだ)。5Gがいまだに米国内の一部の都市のごく狭い範囲でしか利用できない点を踏まえれば、5G版Pixel 4aの発売を待つ必要性は低いように思える。多少は割高になるだろうし、現時点では通信が高速化するメリットは限定的になる可能性がある。 Pixel 4aはSIMロックが解除された状態で出荷されるので、自由に通信キャリアを選んで利用できる。発売は8月20日の予定だ[編註:日本での予約開始は8月14日]。Pixel 4aはグーグルが手がけるスマートフォンの最高傑作であり、現時点で誰にでもお薦めできるスマートフォンでもある。そんな製品が349ドル(日本では税込み42,900円)なのだ。 いま米国では、何百万人もの人たちが失業している。こうした状況下で発売されるPixel 4aは、多くのハイエンドモデルの3分の1の価格で購入できる。それでいて、やりたいことは何でもこなせるのだ。 もし新しいスマートフォンが必要なら、節約しよう。そして、人生でもっと大切なことに打ち込むのがいいだろう。 ◎「WIRED」な点 機能と性能に対して驚きの価格。素晴らしいカメラ。持ちやすいコンパクトなサイズ。有機ELディスプレイは色鮮やかでシャープな映り。性能も優れている。背面に指紋センサーを搭載したほか、「Google Pay」に使えるNFCに対応し、ヘッドフォンジャックも備える。3年は最新OSやセキュリティアップデートに対応する。本体がポリカーボネート製で頑丈。便利なソフトウェアの機能が満載。 △「TIRED」な点 IP規格に準拠した防水性能が備わっていない。microSDカードスロットがない。ワイヤレス充電に非対応。スピーカーは少し騒々しいかもしれない。ディスプレイの明るさはもう少し。いまのところ本体がブラックのみ。

JULIAN CHOKKATTU

【関連記事】