Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

畑岡奈紗が達している世界レベルの高み。日本人選手が“世界”と渡り合うために必要なこと

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

イ・ミリムの勝利で幕を閉じた海外女子メジャー2戦目「ANAインスピレーション」。プロゴルファー・中村修が試合を通じて感じた「日本人選手と世界との差」について語った。 畑岡奈紗のドライバー連続写真はコチラから

日本人選手が味わった世界と自分の差

海外女子メジャー2戦目「ANAインスピレーション」は通算15アンダーで並んだブルック・ヘンダーソン、ネリー・コルダとのプレーオフの末、イ・ミリムが勝利。通算4勝目、メジャー初勝利を収めた。 体力が奪われる気温の高さと硬いグリーン、そして強いラフのタフなコンディションのなか、15アンダーを積み上げた3選手。画面を通して観戦していたプロゴルファー・中村修は「プレーオフで争った3選手の優勝争いは誰が見ても面白かったのではないでしょうか」と話す。 「ショット、アプローチ、パッティングなどの技術ももちろん、気温が高いなか集中力を切らさずに4日間を戦い抜ける体力、ミスをしても崩れずに耐えて、最終ホールでバーディやイーグルを決めてプレーオフに進出する精神力。世界のレベル、壁の高さを改めて感じた試合でした」(中村) とくに飛距離面で圧倒的だったのは、コルダとヘンダーソンだ。コルダは4日目の平均飛距離が305ヤード、ヘンダーソンは292ヤードと男子プロかと思わせるような数字を記録。そのパワーでラフからのショットでもグリーンに届かせたり、パー5で2オンさせていた。 優勝したミリムは飛距離面では2選手に一歩及ばないが、最終ホールのプレーオフ進出を決めたチップインイーグルをはじめ、なんと3つのチップインを決めるアプローチの上手さが光った。 一方で、今大会には日本人選手も5名参戦。そのうち渋野日向子、河本結、畑岡奈紗の3名が予選を通過した。そのなかでも中村が改めて感じたのは「やはり畑岡選手の実力の高さです」と言う。 「畑岡選手、大会前の会見では『調子はまだ良くない。試合の中で調子を上げていけたら』と話していました。言葉通りに調子を上げ、3日目に5アンダー、最終日もきっちり3打伸ばして、トータル9アンダー7位タイでフィニッシュしています」(中村) 畑岡が他の日本選手より抜きんでた結果を残す秘密を、中村は「技術面や本人の努力をもちろんですが、なにより一度どん底を味わっていることが大きいでしょう」と話す。 「畑岡選手は2016年にアマチュアにして日本女子オープンを制し、プロ入り1年目にして米女子ツアーのQTに合格しました。本人も相当な覚悟を決めての決断だったでしょうが、蓋を開けてみれば参戦一年目は予選落ちの連続。そこで世界と自分との差を痛感したはずです」(中村) 慣れない米国での転戦に、畑岡は苦労した。その中で、諦めずに実力を蓄え、米ツアーそのものに慣れていったからこそ、今がある。 「どん底を味わって、畑岡選手はそこから再び這い上がって米女子ツアーを目指しましたよね。技術面はもちろん、フィールドへの慣れ、経験、言葉……そういった壁をひとつひとつ乗り越えて戦っているわけです。積み重ねてきたものの重みが、結果に出たなと思います」(中村) 渋野日向子が今季苦戦が続いている要因も、経験の部分は大きいという。 「渋野選手は、今大会では51位タイでのフィニッシュでした。『ANA』が初めてのアメリカ本土での試合でしたし、メジャー1戦目の全英女子オープン(予選落ち)で初めてスコットランドのリンクスを経験しました。去年の全英で結果を残した渋野選手や再開した別女子ツアーで上位進出を果たした河本結選手ですら、そう簡単に結果を出させてくれるほど甘いフィールドではないということを改めて感じました」(中村)

【関連記事】