Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

20年連続売上No.1コーヒー「UCCゴールドスペシャル」  コク方向へ単品焙煎に磨き 100億杯の感謝キャンペーンも展開 UCC上島珈琲

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
食品新聞

 UCC上島珈琲が1977年から発売している「UCC ゴールドスペシャル」は、家庭用レギュラーコーヒーの売上ランキングで2000年から20年連続して首位を維持し、累計飲用杯数は100億杯以上におよぶ。  この秋冬は、20年連続売上No.1を契機に、9月7日にリニューアル発売し積極的なマーケティング活動を展開していく。  渡邊志織マーケティング本部嗜好品マーケティング部長は、リニューアルポイントについて「『ゴールドスペシャル』はコーヒー豆の個性を最大限に引き出す単品焙煎が売り。飲み飽きない味を追求しており、20年は外食コーヒーの味覚トレンドを分析して“コク方向”へむかうと予想。焙煎プロファイルを見直すなどして雑味や渋みを低減しコクと甘みをアップさせた」と説明する。  単品焙煎とは、コーヒー生豆の種類に合わせて、それぞれ最適な焙煎度合いに焙煎する方法で、2種類以上の生豆を一緒に焙煎する混合焙煎に比べて、豆の個性をより引き出すことができるのが特徴。  今回、この単品焙煎のプロファイルを見直し、焙煎豆を熟練の技術でブレンド。パッケージにも磨きをかけ、シズルを目立つようにデザインするなどして、おいしさの表現を強化。「『ゴールドスペシャル』らしさを残しながらも時代にあったシンプルで洗練されたパッケージにブラッシュアップした」。  SAP(袋・粉)タイプは、「スペシャルブレンド」「リッチブレンド」「モカブレンド」「キリマンジァロブレンド」「アイスコーヒー」の5品をラインアップし、この中で中核アイテムである「スペシャルブレンド」には“20 年連続売上 No.1”のアテンションもデザインされている。  一杯抽出型のドリップタイプは、独自開発のテイスティドリッパーを改良。「どんな口径のカップにもかけやすいように、さらに大きく開くようにした」。  ドリップタイプのパッケージは、コーヒーの容量をそのままに、ワイドと奥行でコンパクト化され、環境により配慮した設計になっている。

【関連記事】