Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アパートの一室で65歳男性が首をつり死亡 部屋から性別不明の遺体も 高松市

配信

KSB瀬戸内海放送

 17日午前、高松市のアパートの一室で、男性1人が首をつって死んでいるのが見つかりました。部屋からは性別不明の遺体も見つかっていて、警察は、同居していた妻の可能性があるとみて調べています。

 遺体が見つかったのは、高松市香西本町にあるアパートの2階の一室です。  警察によると、17日午前8時50分ごろ、アパートの大家がこの部屋を訪ねたところ、住人の65歳の男性が、首をつった状態で死んでいるのを見つけました。  また部屋からは、死亡して長時間経った性別不明の遺体が見つかりました。遺体はビニールに包まれた状態だったということです。  部屋には「遺書」のようなものも残されていました。

 現在、男性と2人で暮らしていた50歳の妻と連絡が取れないことから、警察は、性別不明の遺体は妻の可能性があるとみています。  警察は、身元の確認を急ぐとともに2人が死亡した経緯を調べています。

【関連記事】