Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

荒天のF1シュタイアーマルクGP。予定通り予選実施の可能性アリ?

配信

motorsport.com 日本版

 F1第2戦シュタイアーマルクGPが開催されているレッドブルリンクは、土曜日の午前中から豪雨と雷が襲い、FIA F3のレース1は約半分を消化したところで赤旗終了。F1のフリー走行3回目は中止となった。 【動画】雨で走行中止……F1第2戦シュタイアーマルクGPフリー走行3回目ハイライト  予選は現地時間15時に行なわれる予定だが、すでに代替セッションを日曜日の朝に実施する準備が進められている。  F1の競技面を統括するマネージングディレクターのロス・ブラウンは、天気予報によると予定通り予選を行なう”チャンス”はあるものの、少なくとも日曜日には予選ができると見ているようだ。 「オーストリアは、天候の面で常に挑戦的なサーキットだ。以前も、こんな状況でここに来たことがある」と、ブラウンは語った。 「開幕戦を行なうことができて本当に安心した。オーストリアはシーズンの出発点として素晴らしい場所だった。プロモーターやFIA、F1が行なった作業のおかげだと思う。水準も非常に高く、我々に何ができるのか、良い例になったと思う」 「たとえ天気が悪かったとしても、ここに来ることができて本当に嬉しい。低気圧の大きな前線がゆっくりと迫ってきているが、これは予報通りだ。今日中に走行ができる可能性はあるが、明日は間違いなく大丈夫だろう」  FIAレースディレクターのマイケル・マシは、金曜日の段階でチームに情報を提供し、土曜日の走行が中止となり、最終的に予選が実施できなかった場合、FP2のタイムが決勝グリッドに反映される可能性があるとしていた。  一方、ブラウンは予選が日曜日の朝に行なわれる場合、F2のレース2とポルシェカレラカップのレースが中止になると説明した。 「明日にもスケジュールがある。つまり、F2のスプリントレースとポルシェのレースがひとつ失われることになる」 「明日になれば我々は色々なことに対応できると思う。午前中に予選ができるだろう」 「それができない場合、ご存知のようにFP2のタイムが重要になるが、そうする必要がないことを願っている」  直近では、昨年10月に行なわれた日本GPで、台風の影響により土曜日の走行が中止に。日曜日の朝に予選が行なわれた。

Luke Smith

【関連記事】