Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

セの優勝は巨人でほぼ決まりも、パはここからが本当のV争いだ。ロッテの戦いぶりに注目している【張本勲の喝!!】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

巨人とDeNAの違い

セの優勝は巨人でほぼ決まりも、パはここからが本当のV争いだ。ロッテの戦いぶりに注目している【張本勲の喝!!】

巨人を率いる原監督。首位の座は揺るぎそうにない

 早いもので今年のペナントレースも残り50試合を切った。6月19日の開幕から3カ月が過ぎようとし、どのチームも70試合以上を戦い抜いたことになる。  今回は両リーグの優勝争いについて私の率直な意見を述べよう。まずはセ・リーグからだ。巨人が2位に大差をつけて独走しているが、よほどのことがない限り、このまま行くと見ている。  少し前にも書いたが、原辰徳監督のさい配がとにもかくにも素晴らしい。3割打者が一人もいない打線をよくやり繰りしているし、継投にも迷いがない。調子の良い選手と悪い選手をしっかりと見極め、レギュラーではない選手も大胆に起用するから、選手も意気に感じてプレーしているように見える。  大監督の資質の一つに選手を不安がらせないというのがある。「この監督についていけば勝てる」と選手に思わせることができるかどうかということだ。そういう選手が一人でも多ければチームは落ち着くし、少々の連敗では動じない。今の巨人がまさにそうだろう。ベンチにいる多くの選手が「うちの監督はすごい。さすがだ」と思っている。  一方でトレードによる補強も抜かりなく、・・・

本文:2,455文字

写真:1

    続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

    すでに購入済みの方はログインしてください。

    税込110
    PayPay残高
    T-POINT
    使えます
    サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

    週刊ベースボール