Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ラフからのアプローチの苦手を克服するために見直したい5つのポイント

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
FUNQ

グリーン周りのアプローチのおよそ7割はラフから打つことになるが、ラフはスピンの入り方が予測しにくく、ボールの飛び方も読みにくい。そんなラフからのアプローチで心掛けたい基本的なポイントをご紹介しよう。

フェースとボールの間の芝の量を確認する

意外とやらないのがボールとフェースの間にどれくらいの芝が挟まっているかをチェックすること。プロは簡単に打っているように見えて、打つ前にしっかり芝の状態をチェックしている。1本でも芝が挟まればスピンの入り方に影響するからだ。あとはボールがどれくらい浮いているかのチェックも重要だ。ボールが動かないように慎重にボールの状態を確認する習慣をつけよう。

ヘッドファーストでアドレスする

ラフから打つ時はヘッドが芝に絡みつきやすい。それによってフェースが返って引っ掛けが出やすい。ハンドファーストに構えるとリーディングエッジから入って余計に絡みやすくなるので、アドレスはハンドレートが正解だ。手元を後ろにしてヘッドを前に出しておくだけで、インパクゾーンでヘッドは走りやすくなる。実際に構えを変えてやってみると、抵抗感なく振り切れることに驚くはず。

手元が前に出ると歯から刺さりやすくなるので、ちょっとしたラフでも振り抜けない可能性がある。

両腕の五角形をキープして振るとラフに当り負けない

ラフからのアプローチはヘッドをいかに走らせるかがポイント。そのためには腕から下を柔らかく使う必要がある。 そこで腕を五角形にしてスイングしてみよう。左ヒジを抜く動きも融合されるので、インパクトで詰まる感じがなくなる。また、インパクトゾーンがストレートになるので、フェースの向きが変わりにくくなって方向性が良くなるというメリットもある。

等速でヘッドをまっすぐ動かす

ラフにボールが沈んでいると、どうしてもインパクトでヘッドを急加速させがち。それを手先でやってしまうから大ミスにつながる。ラフから打つ時ほど、同じスピードでヘッドを動かすことを意識しよう。ゆっくり大きく動かすつもりで振れば、深いラフでも意外と簡単に脱出させることができる。そこから寄せるためには、フェースの向きが変わらないようにきっちり管理することが必要だ。

【関連記事】

最終更新:
FUNQ