Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

昨秋公立勢唯一4強入りを果たした川口市立がコールド発進!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
高校野球ドットコム

 昨秋、準々決勝で春日部共栄を破る金星を挙げ、公立校唯一の4強入りを果たした川口市立は8日、南部地区予選の1回戦で栄東と対戦し、7回コールドの13対6で勝利し初戦突破を決めた。 【トーナメント表】花咲徳栄が属する東部地区の勝ち上がりをチェック(*日程変更あり)  川口市立の先発は、昨年から主戦で登板してきたエース原口 稜平ではなく、大会前の埼玉栄との練習試合で5回無失点と好投し先発起用に至ったという背番号11をつけた1年生左腕・里川 知優。その里川は初回、一死三塁のピンチを作ると栄東の4番・芦澤 望に適時打を浴び先制を許す。  しかしその裏、6番・大戸 一輝の2点適時二塁打などで一挙5点を奪い勝ち越しに成功。2回にも3点を奪い、8対1とした。  大きく点差をつけられた栄東だったが、3回に5番・井上 慎太の2点適時打など4点、4回にも2番・飯田 瑞紀の犠飛で1点を返し6対8と詰め寄る。  それでも川口市立は6回、一死満塁の好機に2番・柴田 晃佑の走者一掃の適時三塁打などで4点を奪い、7回には9番・小柳澤 朝日の適時打で1点を奪い、13対6の7回コールドゲームで初戦を飾った。  初戦をコールドゲームで決めるも川口市立の鈴木 久幹監督は、「中盤の打線の湿り、中継プレーのミスなどが課題。県大会レベルでは命取りになる」と昨秋の経験を踏まえ気を引き締めた。  この試合は登板機会がなかったエース・原口は昨秋から体重は7キロ増えサイズアップ。最速も143キロまで上がったという。「一冬乗り越えて成長を実感しているので早く投げたいです。次戦で登板したら完封したい」と闘志を燃やす。

【関連記事】