Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

10月の鹿児島県畜産共進会が中止 新型コロナで2010年以来

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
南日本新聞

 JA鹿児島県経済連は29日までに、10月3日に霧島市の姶良中央家畜市場で開催予定だった第69回県畜産共進会の中止を決めた。肉用牛事業部によると、県共進会の中止は、宮崎県で口蹄疫(こうていえき)が発生した2010年以来。「新型コロナウイルス感染拡大やそれに伴う市場機能の停止を避けるための苦渋の判断」としている。現時点では子牛競り市の日程変更はない。  県内全10地区で9月中に予定されていた秋季畜産共進会も、指宿、熊毛、出水、伊佐、姶良、川薩、曽於、鹿児島中央が中止を決定。川辺、肝属も中止の方向で検討、調整を進めている。  JA北さつまの担当者は2年後に全国和牛能力共進会の地元開催を控えていることに触れ「母系の親牛を選ぶ機会だったので残念。農家の巡回による候補牛の掘り起こしなど、できることをやっていきたい」と話す。

【関連記事】