Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

来期も貫くファイティングスタイル KONAMI麻雀格闘倶楽部・各選手コメント/麻雀・Mリーグ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 超攻撃型麻雀の3人に曲者1人が加わったKONAMI麻雀ファイトクラブ。2018シーズンを4位で終え、今年こそは優勝をと挑んだが、結果はファイナルシリーズあと一歩のセミファイナル5位での終了となった。そのファイティングスタイルが多くのファンに支持される中、来期はどう戦うのか。 【動画】2019シーズン、優勝決定の瞬間 -セミファイナル敗退から時間が経ちましたが、2019シーズンの振り返りをお願いします。 佐々木寿人(以下、佐々木)  2年目も最初から出だしが良くなくて、ただ1年目でちょっと慣れた部分もあったので、浮上してからは非常に安定した戦い方ができたと思っています。4人体制になって総合力が上がったと思いますし、チームの結束力も上がったと思います。ただ、後半どうしてもバテてしまったので、来期は後半にピークを持っていけるような戦い方ができたらなと思っています。  前原雄大(以下、前原)  今期はとにかく新戦力である藤崎と、高宮の成長、これが一番大きかったんじゃないかなと思います。ただやっぱり出だしが悪いんで、そこだけです。 高宮まり(以下、高宮)  去年よりは、いい姿勢、気持ちで戦うことがまずできたかなという風に思っています。ただ今シリーズはその分、“ここがダメだったな”みたいなのが、すごく形で分かりやすく、去年はどこがどうっていうより、ただただ“勝てないな”ってなっちゃってたんですけど、今年ははっきりと反省点が見えるようになったので、その点を改善していきたいと思います。 藤崎智(以下、藤崎)  ちょっとチームは残念で、セミファイナルの最後、失速してしまいましたけどね。個人的には本当に楽しい1年を過ごさせてもらって。ファンの皆さんとかチーム関係者の方に、本当に感謝しかない1年だったと思います。 -今年はファイナルを逃しましたが、来年以降の戦い方も、ファイティングスタイルを貫くのかなど、構想を教えてください。 佐々木  やっぱりファンの方々に喜んでいただけるような戦いっていうのは、しっかり戦う。どこのチームにもないような、とにかく攻め抜く姿勢をお見せしたいと思います。 前原  寿人と言葉はかぶるんですけど、僕らが常に思ってるのは、“ファンあっての麻雀”ということなんで、やっぱり僕らのスタイルっていうのは、攻めを中心にして、勝っても負けてもそこを中心にしたいなと。

【関連記事】