Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

世界最大級の資産運用会社「バンガード」日本撤退のウラ事情

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
幻冬舎ゴールドオンライン

「海外で儲かる=日本でも儲けられる」ではない

世界最大級の資産運用会社「バンガード」日本撤退のウラ事情

幻冬舎ゴールドオンライン

縁起でもない話ですが、投資先がいきなり倒産、あるいは非上場化してしまうといった状況に陥る可能性は、決して低くありません。 筆者自身も、投資先である元ジャスダック上場企業が倒産し、その後音信不通となった経験を持っています。投じていた資金はさほどではなかったものの、やはり株式投資においては、勝った記憶より一敗地に塗れた記憶のほうが強烈です。 企業がビジネスを辞める・撤退するタイミングの見極めはプロでも容易ではなく、投資は本当にむずかしいものなのです。 今回は、超一流の世界的運用会社が自らのビジネスを見限った裏事情を検証しながら、個人投資家のみなさんの今後の行動に役立つ生の情報を提供していきたいと思います。 かつての勤務先であった外資系日本法人の閉鎖も経験したこともある、一般社団法人日本つみたて投資協会の太田創氏が解説します。

本文:2,431文字

写真:2
  • [図表]世界の資産運用会社・運用資産総額ランキング (出典)https://www.thinkingaheadinstitute.org/より筆者作成。時点:2018年12月末。1米ドル=106円で計算。

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

税込165
PayPay残高
T-POINT
使えます
サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

太田 創